【都市伝説】広瀬香美の声量が雪崩を引き起こす!?

2020年7月12日に放送されたバラエティ番組の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日)にて衝撃の芸能都市伝説が暴露された。

この日の『しくじり先生』の講師は、『ロマンスの神様』『ドラマティックに恋して』や『ゲレンデがとけるほど恋したい』などのヒット曲で知られ、「冬の女王」などの異名をとるシンガーソングライターの広瀬香美だった。




番組では、広瀬の幼少期の話から大学時代にアメリカに留学したことなど、様々な過去の逸話を公開。

その中で広瀬の凄さを伝えるため、平成ノブシコブシ・吉村崇は「これは都市伝説なんですが」と前置きした上で、ある衝撃的な広瀬伝説を披露したのだ。




吉村は北海道出身で、学生時代スキーをしていると必ず、スキー場には広瀬の曲が流れていたという。

だが、広瀬の歌は突き抜ける歌声が特徴で、彼女の歌が大音量で流れると雪崩が発生する可能性が高いとのことで、あえて音を小さくしていたという。

……って、本当かよ!?

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『名曲アルバム

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る