画像©深月ユリア

筆者はポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血を受け継ぐ「魔女」である。仕事上、運気が向上するパワースポットについての相談を受ける。

正直、パワースポットは人それぞれ相性がある。ある人にとって波長があって良いエネルギーが増幅する効果あっても、違う人にとっては波長が合わずたいして効果がない場合もある。また、変なカルト宗教が絡んでいると、逆に霊的に敏感な方は変な浮遊霊をもらってしまうこともある。

もっとも、ほとんどの正当なパワースポットでは、行って見て逆に運気が悪くなる、というこことは無いのでご安心頂きたい。

ここでは、筆者が行ってパワーを実感した国内外のパアースポットについてご紹介する。

【日本】


画像©Kentaro Ohno

熱田神宮:名古屋市南部の熱田台地の南端に鎮座する神社。三種の神器【じんぎ】の一つである草薙剣【くさなぎのつるぎ】を祀る神社として知られている。自然が多く、敷地内はよい気に満ちている。恋愛祈願に強く、ここで恋愛成就のお守りを買ったらパートナーが見つかったというケースがいくつもある。


画像©Kentaro Ohno

浅草寺:ご存じ、浅草にあるお寺だ。ここの神様は人情深く、祈願を聞き入れてくださる確率が高い。ただし、スカイツリーができてから結界の一部が崩れてしまい、若干パワーが弱まってはいる。


画像©Инариский

赤坂氷川神社:赤坂・六本木付近にあるが、神社に続く坂道を登ると都心の高層ビルとは異世界の自然豊かな敷地にある。木々の癒しのエネルギーが流れている。恋愛祈願で有名で、毎月「縁結び参り」を催している。


画像©vr4msbfr

明治神宮御苑のつつじ山:東門から明治神宮御苑に入ると、別世界でいきなり新緑の林にワープしたような感覚になる。清らかな水のエネルギーが流れる池「南池」があり、春にはツツジが咲き乱れる。ネガティブなものを浄化したいなら、是非お勧めしたい。パワースポットだ。近辺の「清正の井戸」も有名だが、「清正の井戸」は一時期有名になりすぎて人があまりに殺到し、今は若干パワーが弱まっているように感じる。




【フランス】


画像©baldeaglebluff

聖メダイ教会:パリにある小さな教会ですが、ヒ-リングパワーは強い。1830年、修道女カタリナ・ラブレの前に聖母マリアが現れ、自分自身の姿を象ったメダイ(メダル)を造り、身につけるように命じた。その言葉に従って造られたメダイを、コレラが流行した際に人々に配ったところ、コレラが収束したといわれている。

聖カタリナの遺体が今も腐敗せず、ここで奉られているといわれる。ここでメダイが1ユーロという良心的な価格で買えるが、本当によい気を持っている。

【スペイン】


画像©neusitas

サクラダファミリア:ご存じガウデイが建設した未完成の教会。ガウデイは敬虔なクリスチャンだったが、一方でアニミズムや自然を崇拝していたといわれる。建物の形は森の木々をイメージに造られており、門には自然のレリーフが多数刻まれている。サクラダファミリアの周囲には大自然がないのに、中に入ると不思議と森の中にいるような感覚にもなる。

ガウディはフリーメイソンだったといわれ、フリーメイソンが重宝するカバラ数秘術に於いて最高のマジックナナンバー「33」の数字が建物の複数の箇所に刻まれている。筆者も知人二人と2015年1月に行ったが、そのうち一人は入った途端に肩こりが治って、またもう一人は風邪が治った。

他にもサクラダファミリアに入ったら体調がよくなった、という例が多数報告されているようだ。




【トルコ】


画像©ZapTheDingbat

パムッカレの石灰棚:トルコ西部・デニズリ県にある石灰華段丘から成る丘陵地で、ユネスコの世界遺産に登録されている。2世紀頃、ヒエラポリスというローマ帝国の都市が存在した。パムッカレとはトルコ語で「綿の宮殿」という意味で、昔からこのあたりが良質の綿花の一大生産地であることによる。

炭酸カルシウム(石灰)が沈殿して、純白の棚田のような景観を成している。ここには自然が放つ強烈な気が存在する。温泉もあり、行かれた際にはぜひご利用されることをお勧めしたい。

【バリ島】


画像©Sushuti PIXABAY

バリ島はパワースポットが非常に多い場所だ。現地の人々に言わせれば「島全体がパワースポット」だそうだ。ただ、逆にパワースポットが多すぎて、霊感が強い方は疲れてしまうかもしれない。また、神様同士も相性があり、ヒンドウー教だとヒンドウー教の神様同士の相性もあり複雑だ。

いくつかのパワースポットに一度に参拝した場合、相性が悪い神様だと神様同士のパワーが不調和になることもあるので注意が必要である。そのため、ここでは、穏やかなエネルギーを持つパワースポットを一つご紹介したい。


画像©jafsegal

タナロット寺院:海の岬の上に立つ小さな寺院。高僧ニラルタが建てた。海の穏やかなエネルギーに包まれている。

以上、筆者がお勧めするパワースポットをご紹介したが、繰り返しになるが、パワースポットは何より波長の相性が重要だ。読者が「ここが居心地がいい」「なんとなく波長があう」と思えば、そこが相性のよいパワースポットになる。

逆に多くの人が殺到し有名になりすぎているパワースポットは雑念もたまっていて、パワーが弱まっている場合もある。

読者がご自身にとって最良のパワースポットを見つけて開運されることを祈る。

(深月ユリア ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血を受け継ぐ魔女占い師。ジャーナリスト、女優、ベリーダンサー、映画・イベントプロデューサーとしても活動

著書
あなたも霊視ができる本 」文芸社
世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに」明窓出版

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る