これであなたもヴァンパイアハンター!?「吸血鬼退治グッズ」オークション出品

ゲームやマンガなど、創作の世界だとモンスターを退治する展開になるのは珍しいことではない。現実の世界ではそうないことだ……が、オークションに「吸血鬼退治道具一式」が出品されて話題になっている。

問題の道具はゴシック様式の金属製の箱に納められており、サメの歯が入ったボトル、ロザリオ、ペンチ、銀の刃の小型ナイフ、謎の物質を含む小さな青い薬瓶などがある。

今回出品したオーナーの男性は、自身のコレクションとして3年間保有していたものであり、ニューアークオントレントで開催された大規模のアンティークフェアで購入したものだと語る。




ゴシック調の箱の見た目が気に入って購入したので、持ち帰って箱を開けて初めて中身を知ったのだそうだ。

そのためオーナーも箱の由来を知らないそうで、この一式の制作者や製造元ま分からないそうだが、中に入っている1842年版の新約聖書にイザベラ・スワーブリックの名前が記されているため、この人物が関係しているのではないかと考えられている。




この「吸血鬼退治道具一式」はオークションで3000ドル(約32万円)を超える高額で取引される可能性があるようだ。

今回のオークションの競売人であるチャールズ・ハンソン氏は、「吸血鬼を退治する方法は昔から知られていましたが、歴史を紐解くと特定の方法や道具の必要性が示唆されていました。十字架や聖書などの宗教的に重要なアイテムは吸血鬼などの邪悪なモンスターを撃退すると言われていますが、出品された一式はそれらのアイテムを備えているため、強い説得力と存在感を持っています」と語っている。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©joostrikkerink PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る