昭和懐かし芸能界ウラ話 あのスーパースターは実に高潔だった!

投稿 とよちゃん

敏太郎先生、I.Mさん、いつもお世話になっています。とよちゃんです。

この度も、投稿文を読み上げて頂き、本当に有難うございました。嬉しくてヨロコビの舞いを踊っていたら、またまた、暴露ネタを思いつきました。

タレントジャンル物です。

私が若かりし頃に、舞台のMCの仕事をやってた事は以前、お話しましたが、当時は近所に、グランドキャバレー『X』というお店があり、そこのMCとしても仕事を貰っていました。

グランドキャバレーでは、2ヶ月に一度「グランド歌謡ショー」というのが行われていました。それは、A級歌手サンの地方巡業のステージの事です。

天童よしみさん、美川憲一さん、カルーセル麻木さん、園まりさんなど…スゴイ面々です。そして、ある日の事、あの大スター、山本リンダさんも来てくださいました。

そのリンダさんの本番前の出来事です。




私が待機してると、マネージャーらしき男性が、「リンダさんが呼んでるから、行ってあげて」と呼びに来ました。そして、私が彼女の楽屋のドアを開けると、奥の更衣室からリンダさんが大声で、

「司会者さん、上がってきて。こっちへ来て」

と呼ぶのです。

私は「ハイ、失礼いたしますデス」と、緊張して更衣室へ入ると、リンダさんが

「衣装のファスナーが上がらないの、上げて」

と、焦っていました。

やってみようとしても、確かにファスナーは上がりません。

「イヤだ~、太っちゃったのかしら、どうしよう~」と、もうすぐ本番20分前、パニック寸前のリンダさんです。

私は「マネージャーさんを呼んで、男の人の力で上げて貰ったらどうでしょうか」と提案すると、リンダさんは、

「男性にファスナーを上げて貰うのは、イヤ」

と言うのです。




私は(あ、だから私を呼んだのか、意外と純情なんやなあ)と、感心しました。そして、とにかくその場は、私一人の力で、右から左から、左から右へとグイっと寄せて、ついでに上のお肉ももっと上げて、大奮闘です。すると、やっとのことファスナーは、最後まできっちり上がりました。

その衣装は見事な、滑らかなシルク製で、その辺のレンタルウェディングドレスしか知らない私は『ハハァ~』っと、ただただ見とれてしまいました。

そして(リンダさんって、本当は、真面目な人なんだ)と好感を持ったのでした。  

とにかく無事、本番ツーステージでのリンダさんはテレビ番組そのままに、リンダワールドを炸裂させてくれました。舞台の袖から、そのステージを見守った私は、あの時から、リンダさんのファンになりました。

最後まで、お読み頂き、有難うございました。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『ザ・プレミアムベスト 山本リンダ

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る