地震の前兆か!?中国で起きた「竜の鳴き声」騒動の真偽

先日、アトラスでは「中国河南省の湖に出現した巨大生物」について報告した。

緑色の湖面に巨大な魚のような茶色い生物の背中が現れた様子が動画サイトの「Douyin(抖音)」で公開され、注目を集めることとなった。

しかし、その一週間前に中国の南西部で「竜の鳴き声を聞いた」という衝撃的な事件が発生していた。そして、その後、衝撃の正体が明らかになって沈静化した、という騒動が起きていたことから、前述の「湖の巨大魚」についても正体を明らかにしようという動きになったのである。




では、その「竜の鳴き声」とはどのようなものだったのだろうか。

7月1日、中国南西部の貴州省のある村にて、山から不気味な鳴き声が響いてきて、村人たちが混乱するという騒動が起きた。詳細は下の動画を見ていただくとして、合成音のような音がどこからともなく鳴り響くという内容になっている。

関連動画
Strange sounds in the sky in Guizhou, China 1 July, 2020

動画の中には大勢の村人の混乱する様子も捉えられており、「伝説の竜の鳴き声ではないか」「大地震などの天変地異が起きる前兆ではないか」という噂が流れ、地方自治体が調査するまでになった。




その結果、野生動物の専門家からボタンウズラないしはチョウセンミフウズラという小さな鳥の鳴き声であることが判明した。

これらの鳥は体格からは想像出来ないほど大きく、よく響く鳴き声をあげるという。

おまけに鳴き声も鳥のものとはかなり違うように聞こえるため、混乱が起きてしまったのだろう。日本では妖怪の「鵺」はトラツグミという鳥の鳴き声から考え出されたという話があるが、現代でも似た話が出てくるというのは興味深い事である。

関連記事

UMA、それとも…!?中国の湖に出現した巨大魚の姿が撮影される!

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©momo_sc PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る