まるで怪獣!?アルゼンチンで7000万年前の巨大魚の化石を発見

7月6日、アルゼンチン南部パタゴニア地方にて、研究チームが古代の海を泳いでいた巨大な魚の化石を発見したと発表、話題になっている。

学術誌「Alcheringa: An Australasian Journal of Palaeontology(アルチェリンガ:オーストラレーシアの古生物学誌)」の発表によれば、古代魚は白亜紀の海に生息していたシファクティヌス属にあたる魚で、「顕著に細い胴体の先に巨大な頭部がある」というプロポーションをしており、顎は大きく発達して長さ数センチで針のように鋭い歯が並んでいたという。




発見されたのはアルゼンチン南部パタゴニア地方のコルウエ・ウアピ(Colhue Huapial)湖付近である。白亜紀末期、現在のパタゴニア海域の暖かい海を泳いでいたものと考えられている。

シファクティヌス属の化石はこれまでにも各地で発掘されていたが、北半球のものが大半で、南半球では最近になってようやくベネズエラで一例確認されていたのみだった。

恐竜並みの大きさと凶暴さをほこる古代の巨大魚の、さらなる研究結果に期待したい。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Michelle Maria PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る