本物だった!?Twitterに「人間サイズのコウモリ」画像

吸血鬼がコウモリに姿を変えて飛び去っていく、というシーンがあるが、まさにそんな描写を彷彿とさせる画像がネットで注目を集めている。

まずは画像を確認してほしい。

小屋ないしはガレージの天井から逆さまにぶら下がっているのは、人間と同じくらいの大きさに見える巨大なコウモリだ。

この画像はとあるユーザーがTwitterに投稿したもので、「フィリピンには人間サイズのコウモリがいる」という趣旨のコメントが添えられていた。




確かにフルーツバットと呼ばれる種類のコウモリは大きく成長するものがいるが、さすがにここまで大きくなるものなのだろうか。

そこでネットでもこの画像について、フェイク画像ではいかという声も寄せられていた。

だが、この画像は間違いなく本物。

ただし、さすがに大人と同じくらいの大きさではないそうだ。翼長は5フィート(約150センチ)はあるそうだが、コウモリの体はもう少し小さいとのこと。遠近感を利用して巨大に見せているのだろう、ということだ。また、この画像は今回が初出ではない。数年前にネット上に上がったものが、今になって再注目されたというのが正しいようだ。

ちなみにこのコウモリはフィリピンオオコウモリと呼ばれるもので、オオコウモリの中ではかなり大型のものである。しかし 現在、森林破壊や密猟で数を減らしており、絶滅危惧種と見なされている。

ネットで注目を集めたことから、保護活動に繋がっていけばという意見も出ているようだ。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PublicDomainPictures PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る