【放送事故的瞬間】「渡部は?」「遅刻?」児島のギャグにスタジオ沈黙

2020年7月4日土曜日、「王様のブランチ」(TBS)のオープニングでのやり取りが面白過ぎた。

この日、スタジオには番組MCの佐藤栞里をはじめとする出演者(藤森慎吾、山本舞香、横澤夏子)の顔が揃い、ソーシャルディスタンスを十分に空けたことを示すためにアンジャッシュ・児嶋一哉のアイコンのCGが各人の間に置かれていた。

そして「児島さんだらけじゃないですか」と佐藤が感嘆すると、「ああ、一杯だ」「児島が多いよ」とほかの共演者も呼応した。




すると「ホンモノ映して」と、どこからともなく児島の声がして、本人が画面に登場。「久しぶりの児島さんだ!」とみんなから言われたように、この日の児島は「4か月ぶりのスタジオ出演」だという。

そして、次の瞬間…

「ちょっと思ったんだけど、渡部どうしたんだよ」と大ボケ発言。すかさず、藤森が「アンタがいちばんわかってんだろ」とツッコんだ。続けて、児島は「遅刻?」とまたもやスタジオ共演者たちの苦笑を誘うボケを連発。すると、「遅刻じゃねえ。ネット見ろ!」と藤森がサラリとかわしたのだった。




児島の相方・渡部健のスキャンダル発覚からすでに1か月くらいは経過したが、いまだに多くの人がこの話題が興味をもっていることからも、今日のこの放送を見ていた視聴者は大いに笑ったに違いない。

なお、このあと児島は「切り替えていこう、切り替えて」と屈託のない表情でこの日の番組を進行していった。

(ジュリー・楊 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『アンジャッシュ ベストネタライブ「キンネンベスト」 [DVD]

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る