色情幽霊はマジで触ってきた…金縛りで動けない自分のモノを

投稿 匿名希望さん

それは1992年の7月、場所は愛媛県今治市でした。仕事で5日間滞在していたのですが、全国から40人くらいのスタッフが集まって同じ仕事をしました。

1泊目の朝、朝食会場で出会った愛媛県在住の男性スタッフが不思議なことを言うのです。

「朝起きると右腕の内側に赤い手跡がついていたんだけど、これ女の指跡なんだよ」とそれを見せてくれました。確かに白い腕の内側に赤く細い指が、5本の指跡が開いた感じでしっかり付いていました。

初日の晩に同じ地区のスタッフから、自分が泊まっている5Fのフロアの廊下で亡くなった女の霊がいると聞いていました。霊感の強い自分でしたが、それが見えたりはしなかったのです。しかし、曲がりくねっている廊下のクランク正面に女性の霊の存在は感じていました。

3泊目の夜は、今回参加したスタッフ全員で打ち上げの飲み会になり、いろいろなスタッフと話しをしていたのです。そこで、私は霊の話などは全くしていないのに、東京から来たヨガを趣味にしているというあるスタッフから「自分たちが泊まっている5階のフロアには、女の霊がいるよね。クランクした通路のの正面に」と自分と全く同じことを言うのです。

それを聞いた私は思わず「自分もそう感じてた」と話しました。

自分はその頃にはまだ20代だったこともあり、若気の至りと酔った勢いから調子に乗って「もし、自分の部屋に女の霊が出たらヤっちゃえばいいんですよ!」などと、友人の男性スタッフに放言もしました。

そしてその晩のこと、酔いが薄れて自分の部屋に戻ったのですが、急に怖くなり、その時にちょうどバルセロナオリンピック中継が流れていたテレビを音量ゼロで点けっぱなしにして、部屋の明かりは全てつけたままで午前1時くらいに床に就きました。

しかし、なかなか寝つけなくてウトウトしてから1時間くらいすると、自分の部屋の真ん前で20代くらいのキャピキャピした4~5人の女の子の声で目が覚めました。


彼女たちは「何時まで遊ぶん?」とか「あなた遊びすぎよね?」なんていう、話の内容でした。それは大声で聞こえてたのですが、またうウトウトし始めると、眠りに落ちました。

しばらくして夢か現実かわからない状態で今まで体験したことのないような快感を感じて目が覚めたのです。

自分のタマの部分を、まるで誰かが両手で下から上に何度も包み込む感じ触っています。当時、性風俗とか無縁だった自分はとても新鮮な快感でした。

すると、『気持ちいいな』と思っていた瞬間、突然、意識が完全に覚醒したのです。しかし全身は金縛りにあっていて動けなかったのです。

それなのにまだタマを触られています。すると、今度はその手がサオをシゴき始めたのです。私は怖くなって「ワー!」と声を上げると、その瞬間に金縛りが解けました。

すぐに部屋を飛び出すと、友人Aの部屋まで急いで走りました。「本当に女の霊が出た!開けてくれ!」と何度もドアをノックすると、ようやく開けてくれて、部屋に入れてもらいました。

そして部屋で震えていると今度は自分がいた部屋の方向からドン、ドンと壁を叩く音が聞こえていました。そして、Aの部屋のテーブルに置いてある物が次々落ちていくではないですか。

5分くらいして、ようやく怪奇現象は止まりましたが、このショックでそれ以降は自分の部屋には帰れませんでした。

朝になり、フロントで「あの部屋、女の霊が出て体を触られたので(部屋を)替えて欲しい」と頼んだのですが、「そんな話は聞いたことないので変えられない」とけんもほろろに断られました。

その夜、最終日の飲み会でホテルを手配してくれた地元のスタッフにこのことを言うと、「あのホテルに泊まった男性は体を触られるらしい。友人のホテル関係者から聞いた」と言っていました。

宿泊最終日のその夜ですが、泊まるのも怖かったのでシャワーだけ浴びて、その後は家に帰ることにしました。ところが、シャワー中、バスルームの扉を外から誰かからノックされたのです。私は恐怖ですぐに部屋をチェックアウトすると、夜走りで帰ったのです。

その恐怖体験以降、それから3年間は勃起不全になりました。

なお現在、そのホテルは建て替えられて新しくなっていますが、それ以降、泊まったことはありません。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Khusen Rustamov PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る