芸能界醜聞疑獄 『まくら営業』は都市伝説ではない!?

芸能界のスキャンダルは金になる。なかでも最も喜ばれるのは、今も昔もセックススキャンダルなのは、みなさんもご承知の通りです。

このATLASの芸能記事は、好きに書いていいとのことなので、今回は女優・タレントのセックススキャンダルについて、とりわけ「まくら営業」についてちょこっと書かせていただます。

そもそも「まくら営業」はあるのかないのか?

この問いに対しては、芸能関係、マスコミ関係者はこぞって「そんなものはない。都市伝説のたぐいだ」と言い募りますが、実際に存在します。男女問わずにあります。

それは、男と男、女と女でもあります。

私の耳にもいくつかの話が聞こえてきていますし、「所属事務所の社長に『某有力者にまくら営業を仕掛けてこい』といわれて、困った」と直接現役のタレントさんから相談されたこともあります。

で、やっぱりこういう裏事情に詳しいマスコミの方に話をうかがってきました。

「まくら営業ね。日常ですよ。ていうか、もう歴史的事実の積み重ねですね。今も昔もあります」

 どういう感じで申し込んだり申し込まれたりするんですかね?

「一番わかりやすいのは、ドラマや映画の出演件をとるために、決定権を持つ地位の方々に事務所からたのむというパターンかな。あとCMね、大手のCMは金もいいし認知度もあがるからやる人は個人的にも猛アタックをかけたりしますね」

 あ、組織的じゃなくてもやるんですね。

「でね、ここで注意しなくちゃいけないのは、仕事をとるためにエッチをするという正統派のまくら営業と、ただセックスの対象として権力者に、いってみれば『イケニエ』として差し出される場合。そして、完全に金目当てで売春としておこなわれるものを区別しなきゃいけないと思うんですよ」

 なるほど、では正統派のまくら営業からお話をうかがいましょうか。

「まず、今の芸能界でまくら営業の女王といえば、某事務所のYにつきます。モデル出身で別にそんなことしなくてもそこそこの地位に上れたでしょうが・・・上昇志向が強いのと、事務所の社長の思惑から大変なまくら攻勢をかけて事務所では、ほぼトップの地位にのぼりつめました。ある時期まではね」

 おや、なんかあったんですね?

「まあね。人生ままならないこともあるということです」

そのあたりを含めて、この話も次回に続きます。

(ヴァールハイト及部 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

【著者紹介:ヴァールハイト及部 1968年 横浜市出身 大学卒業後サラリーマン生活を経て、フリーランスとして、映画・ショービジネス界で仕事をしている。芸能界ウォッチーでもある。】

画像©Julia Turner PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る