私も…クロセルに脳ジャックされたうちの一人かもしれません

投稿 レイさん

敏太郎先生、愛夢さん、こんにちは。レイと申します。

1ヶ月ほど前に、偶然YouTubeで、先生のアトラスラジオを聴き、すごく面白いと感じ、そこからのめり込み、毎日、家事をしながら、拝聴しております。過去のYouTubeを8割は聴けたかと思います。どの回も大変興味深く、アトラスラジオ、敏太郎先生の大ファンになりました。

私自身も、他のファンの方と同じく、子供の頃から、不思議な体験が多かったので、物心がつく頃から、自然とオカルトの世界に興味を持つようになりました。妖怪や幽霊、UFOを見たり、幽体離脱をしたり、小さい頃から、たくさん不思議な体験があります。

幽霊体験は、怪談話のように、特にオチもないし、嘘つき呼ばわりされるのが嫌で、いつからか、家族にしか話さなくなりましたが・・・。

脇の下から、チップのような黒い小さな塊が出てきたこともあります。パッと見は、鉛筆の芯が刺さっているかのような感じで、つまんだら、出血することまなく、スルッとでてきました。

中学生の頃は、毎晩、夜、就寝してから、朝まで、金縛りにあい、自力で金縛りを解いて、幽体離脱して、また金縛りにあい、自力で金縛りを解いてと、朝まで何度もそれを繰り返し、睡眠できず、いつも目の下にクマがあり、痩せていて、体力的にキツかったです。

日頃から、勘が当たることが多く、人の死が近づくと、きっかけや理由もなしに、突然、四六時中、頭にその人の顔が浮かび、離れないことなどがあります。それで、その方と連絡をとってみると末期のガンだったり等があります。

6歳の頃には、2日連続同じ日を繰り返しました。1日目、自分の発言が原因で姉と喧嘩になったので、2日目は喧嘩になるのを意図的に阻止しました。それ以外は、2日連続、大体同じ内容の日を過ごしました。

などなど、不思議な体験が数え切れないほどあります。前置きが長くなりましたが、今回メールさせていただいたのは、クロセルが脳ジャックをするという、かずみさんの回を聴いていて、私が経験した時期と事柄がかぶることが多く、聴いてるうちにだんだん怖くなってきて、思わずメールさせていただきました。

聴き進めていくうちに、重なるところが何個かあり、びっくりしました。




まず、私も、帯状疱疹で右の顔の顔面麻痺になったこと、ある日突然、牛乳が突然飲めなくなり、昔嫌いだったアールグレイティーが突然好きになって、今も、毎日、1日1.5リットルは冷やしたアールグレイをガブガブ飲んでる感じです。

会いたいと思っていた外国人のお友達が会いに来てくれたというのはありませんでしたが、私も、帯状疱疹になる前に、25年ぶりに、中学の頃の同級生と偶然再開しました。

クロセルの夢は、かずみさんの夢とは違っていますが、夢か現実か、わからない不思議な体験をしました。

時期的に、帯状疱疹が良くなってきたころ、お昼寝中に変な体験をしました。

帯状疱疹の治療で、抗ウィルス剤と、ステロイド剤を1ヶ月ほど、飲んでいたので、体調が、まだ本調子に戻ってなかったことと、ステロイド剤の影響で、毎日体調が思わしくなく、めまい、頭痛などがあって、その日も、体を休める意味で、お昼寝をしていました。

お昼寝中、目を覚ましたら、自分の部屋で寝ていたはずなのに、全然違う場所にいました。半分寝ていて、半分覚醒しているような感じで、夢ではない感じでした。

私がいた場所は、白い多角形の(八角形よりも多い)噴水のようなものがある中庭のようなところで、外で、晴れていて、その噴水のようなものは十字路の真ん中にありました。私は、裸ではなかったと思いますが自分の体は見ていません。

神殿のようなお城の宮殿のような建物の中庭のような感じでした。そこで、私は、噴水のような物のへりに寝転んで、日向ぼっこをしている感じで、暖かくて、とても気持ちよかったのを覚えています。

十字路の白い床が交わる部分に、噴水のようなものがあって、その周りの床も白い大理石のような感じで、レンガ色の見たことのないような記号のような文字のようなものが、八角形以上もっとある、角のところにそれぞれ、彫られていました。

途中、覚醒しても、自分の部屋で寝ているはずなのに、私の周りの情景は、白い神殿の中庭のようなところで、夢とはまた違った感覚なので、薬の影響で幻覚を見ているのかな?と思ったほどです。

その時、頭の中に、体の調子がよくなるよ、大丈夫みたいな感じの言葉みたいなのが伝わってきて、とても温かく、不思議と怖くなく、とても心地よくて、誰かが私をヒーリングしてくれてるように感じました。

お昼寝から覚めた後は、1時間くらいしか寝てないのに、8時間くらい寝ていたくらいの、すっごく熟睡した後みたいなスッキリした感じで、その日から急に体調が良くなったのでびっくりしました。




私はその夢一度でしたが、今思い出しても、夢とは思えず、お昼寝の途中で目が覚めたら、違う世界にいたという感じで、夢じゃなく私はしっかり覚醒していた感覚でした。

あと、私も5ヶ月半くらいで10kg体重が減りました。(今はそれで、止まっていますが)

かずみさんがおっしゃっていたように、食欲がなくなり、食べる量が減り、体重が減ったという感じです。私もその後、母親に心配されて、血液検査に行きましたが、いつも血液検査するたびに、少しコレステロールが高かったのですが、正常値になっていて、他にも問題はありませんでした。

私ももしかしたら、クロセルに、脳ジャックされた100人の一人なのかもしれないと少し怖くなりました。

私はかずみさんみたいに、秀でた才能もない、ただの主婦なのですが、日頃、一人でいることが好きなのと、裁縫が趣味で、ミシンを触っている時など、時間も忘れるくらい集中していて、確かにトランス状態になっているかもしれないと思いました。

言われてみたら、私も息子に宇宙や銀河の図鑑、部屋で使うプラネタリウムの機械、宇宙や銀河のジグソーパズルを無意識のうちに買い与えていました。(息子は虫とりが好きなのですが)

長くなりましたが、メールせずにはいられなくなり、送らせていただきました。めんどくさがり屋なので、こういうメール自体するのが人生で初めてです。

敏太郎先生の飾り気のないところ、時々、少年みたいなところが可愛くて好きです。個人的に、あーりんさんと、茶羅尼さんが好きです。

これからも応援しています。読んでいただき、どうもありがとうございました。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Efes Kitap PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る