羽田空港で次々と起こる怪事 霊から身を守る術

投稿 ラングさん

山口敏太郎さん、アイムさん、アトラスラジオのスタッフの方々、アトラスラジオを楽しく拝聴させて頂いております。ラングです。

今回は、霊体験についてお話しさせて下さい。

初めて霊を見たのは、12歳の2月豆まきが終わった頃。倉庫兼自宅の一部屋が寝泊まり出来る様になり、気学的に引越しする事が良いと計算で出た日に、小生と姉(次女)と引越しする様に父から言われ引越ししました。(小生が八白土星、姉が二黒土星生まれなので、九紫火星を使った思います。)

心細いだろうからと、叔父も一緒に倉庫兼自宅の一部屋に泊まってもらいました。その部屋は、雨戸が閉まっていて、電気工事が進んでいない和室でした。

3人寝てしばらく経った深夜、小生だけ気配を感じ目が覚めてしまいました。

天井付近にビー玉くらいの大きさの白い物が一つ不規則に飛び回ってました。怖かった為目を閉じてしまったら、いつの間にか寝てしまい朝に。

この部屋は、後に姉(長女)の部屋になりました。長女は、気学的に引越しする事が良い時期になって引っ越しました。後に、姉(長女)に聞いたのですが、この部屋で何度も霊体験をしたとの事でした。

小生は、別の部屋で寝泊まりしてましたが、しょっちゅうラップ音がありました。小生が高校生になり、タロットカード占いを始めてしばらく経った頃、毎夜の様に霊が出てきてました。霊が出て困り、タロットカード占いを止めました。霊が出る事が少なくなりました。




東京の航空業界の会社に就職して、職場が羽田空港の緊急脱出訓練センターに配属になりました。施設に入って直ぐに気付いた事は、霊が沢山いる気配が昼間でも強く感じる事です。航空事故で、一時期機体の残骸や遺体が保管、安置されていた為と職場の先輩から聞きました。

この頃、実家の店のお客に、群馬で山伏の修行をしていた人が来店する様になり、小生に紹介してもらいました。霊を使役する方法があるが、霊から守る方法を教えもらいました。

うかのみたまの真言を21回唱える事。般若心経の一部分を数回唱える事。霊の気配が近寄ってきたら、人差し指、中指を伸ばしくっつけて、それ以外の指は折り曲げ握る。二本の指の先から見えない剣が出ているから、左右斜めから切り下げバッテンを空に描く事。

早九字や、観音経は効果が無いとも教えてもらいました。睡眠中の金縛になる際は、なる前に対処出来る様になりました。

職場であった訓練センターでは、非常訓練で使用する旅客機を模したモックアップでの事を少しお話しします。

モックアップ内に誰もいない状態で、ラップ音、足音、搭乗アナウンスする際のピン音がしました。また、赤ちゃんを抱っこして緊急脱出訓練するのケースがあるのですが、赤ちゃんと見立てたドール人形が、帰りの戸締り時の姿勢で保管と、朝一番の姿勢とで異なっておりました。

訓練中、当該モックアップの一階エリアに、拳大の黒い球が合体し、黒猫の形状の大きさでモックアップに沿って、北のドアから南のドアへ移動してました。黒い球は、真っ黒で、光を透過しない物です。

当該モックアップでは、よく、生きた黒猫が出ていた為、この子だと勘違いして、走って追い払いましたが、足を動かさずに逃げていく違和感に後から気づきました。

群馬で山伏の修行をされていた方に、後ほどこの話をさせて頂きました。黒い丸い球は、未成仏霊(49日前)だそうです。未成仏霊の集合体に遭遇したとの事でした。

夜の7時過ぎに有酸素運動をする為、多摩川河川敷で数キロ歩く事にしました。河川敷には、街灯が全く無く、野球場が取れるくらい広い為、真っ暗です。灯は星灯のみの状態ですが、目が慣れれば、うっすらと周囲が見て取れる様になります。

河川敷を上流に向かって歩きながら川面を見たところ、黒い丸い球の集合体が歩く速度で、川面から2メートルくらいの高さで飛んで併走しておりました。集合体の大きさは5メートルから10メートルの大きさで鳥型でした。

また別の日では、黒い丸い球の集合体がゾロゾロと前回と同じ高さ速さで飛んでいました。

噂の百鬼夜行に遭遇したんだと思いました。群馬で山伏の修行をされていた方に後ほど聞いたところ、この方も遭遇した事があり、遭遇した時は牛の形をしていたとの事でした。色々な形をしているとの事でした。




自宅での事です。黒い球をゴキブリと勘違いして、殺虫剤をスプレーしながら後追いしましたが、ゴキブリでない事に気付き殺虫剤スプレーする事を止めたら、黒い球は、天袋に消えて無くなりました。

訓練センターは解体され、訓練センターが新築され引越ししてからの事。他の部署から、この新築された訓練センターに再配属されてからの事です。

モックアップから訓練機材の滑り台が片側に2台取り付いております。その訓練機材の滑り台の状態C’Kの為、滑り台を滑走し、モックアップを見上げたところ、機種後方から、機種前方の向かって、子供サイズの赤っぽい何かがシュッと移動するのが見えました。

モックアップの反対側では、同僚が訓練機材を取り付け作業をしておりましたので、「今、何か通らなかったか?」とモックアップに入り同僚に確認したところ、見なかったとの事でした。

ドール人形を確認したところ、一つが赤っぽい服を着てありました。直ぐに、これがそうだと気付きました。旧訓練センターから、ドール人形を持って引越ししたそうです。

職場の新年のお払いを、羽田近郊の天照大神を祀る神社でしてもらった体験です。

お祓い中、神様が降臨すると思いながらお払いを受けましたが、神様が降臨する気配を全く感じませんでした。霊的な気配も感じませんでした。この地域付近には、小さな鳥居があるのですが、こちらの方が霊的な気配が強く近寄りたく無い場所です。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©源五郎 photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る