【すでに放送事故色薄いけど】『バイキング』出演者、また脱いだ!

2020年6月23日に放送されたフジテレビ系の情報バラエティ番組『バイキング』で珍しいハプニング、というかお馴染みのパフォーマンスが話題に上がった。

この日、番組では将棋の藤井聡太七段について特集。この日行われている『第61期王位戦挑戦者決定戦』の行方についておよそ30分に渡りこれを特集していた。

ハプニングが発生したのは13時38分ごろのこと。この日、コメンテーターとして『バイキング』に参加していた佐藤紳哉七段が生放送中、なんと突然に被っていたアレを外したのである。




佐藤七段は「びっくりしますよ~」「びっくり~スポン!」という掛け声と同時に、カツラを脱いで出演者を驚かせたのだった。

実は佐藤七段は若い頃からカツラの愛用者らしく、時々コレをワザと外して出演者を驚かせるのが趣味だという。なお、過去にも『バイキング」では何度か、このパフォーマンスを繰り返し行っていることから、スタジオの空気もいまいち…そんなに盛り上がってないようにも見えた。

また付き合いの長い番組MCの坂上忍は、佐藤七段がカツラを脱ぐパフォーマンスには過去に何度も立ち会っていることからか、放送中に何度か「佐藤さん髪伸びましたね」「今日あれやらないんですか?」と佐藤七段に対してまるで『早くやって』と思わせるような、話題を振る場面があった。また佐藤七段も「もうやっていいんですか?」とソワソワしていた様子であったことからも、ある意味、このことは佐藤七段の持ちギャグのようなものである。




なお、この日の出演者だったミッツマングローブは佐藤七段がカツラ着用であることを知らなかったらしく、本気で驚ていている様子が放送されていた。

また視聴者の中にも佐藤七段がカツラ愛用者だと気が付かなった人もいたようで、「突然のカミングアウトでビックリした」「現場の空気が完全に放送事故になっている」という声もあったという。

とはいえ、ほかの殆どの視聴者は「またか!」と、この見慣れた演芸に対して少々食傷気味だったようだ。

【関連記事】
番組スタッフが震えたA先生との温泉ロケ
イケメンC、AGAで活動休止か?

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©源五郎 photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る