ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた「死にゆく星の姿」の最新画像

2020年6月18日、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた惑星状星雲の新たな画像が公開された。

ハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ3を使用して撮影されたもので、はくちょう座の方向約3000光年の距離にある星雲NGC 7027と、さそり座の方向約4000光年の距離にある星雲NGC6302(バタフライ星雲)のものである。

特にNGC 7027のものは最新の画像であり、近紫外線から近赤外線まで、さまざまな波長域を色分けして合成したものとなっている。




今回の観察結果について、ロチェスター工科大学の研究リーダーであるジョエル・カストナー氏は「今回のハッブルによる多波長観測データは、両星雲の最も包括的な姿を生成して見せてくれます」と語る。

両星雲はどちらも連星系であったと考えられ、中心に白色矮星があり、はくちょう座のNGC 7027は進化の初期段階にある惑星状星雲であるとようだ。

いずれの星雲も観測結果が得られる度に新しい発見が報告されているものなので、今後の報告に期待したいところである。

なお、今回撮影された写真はサイトや下記動画で見ることもできる。興味のある人は確認してみてはいかがだろうか。

関連動画
Beautiful ‘Butterfly’ and ‘Jewel Bug’ nebulas spied by Hubble

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©VideoFromSpace YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る