【真相】『徹子の部屋』、小島よしおは何故洋服を着て出演したのか

2020年6月19日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日)の内容が話題になっている。

この日の番組ゲストは芸人の小島よしおで、なんと2008年以来の再出演であるという。

なお、この日の小島は、お馴染みの「海水パンツ一丁」の姿ではなく、なんと洋服姿で出演。「そんなの関係ねぇ」などのネタは一切披露せず、近況などを真面目に語るという珍しい回となった。




実は小島がネタを披露しなかったのは事情があり、2008年に出演した際の後悔があったためという。

前回の2008年の出演時、小島はまだデビューして数か月ということもあり、勝手がわからず、徹子の前でド緊張し、終始スベリっぱなしだった。なお、この時の徹子の部屋は後年、『アメトーーク! 』などで伝説の回と揶揄されている。




つまり、その反省として、今回小島は己のギャグを封印し、徹子の部屋へ果敢に挑んだのである。そのため、お笑い芸人が出演しているのもかかわらず、笑いどころがほとんどない珍しい回となり、ネットでは逆に「今日の徹子の部屋がおかしい」「違和感がある」といった声が相次いでいたのだ。

本当の素顔は几帳面で真面目な、素の「小島よしお」らしい出演であった。

関連記事
【最低】『火曜サプライズ』グダグダ
ロケ先で偶然遭遇した奇跡

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『スーパーほいほい よしおじゃんけん

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る