溺れそうになって見下ろすと…そこには無数の手が私の足を掴んでいた

投稿 ももさん

小学校4年生:学校の臨海学校での体験

鳥取3泊4日ぐらいだったと思います。水泳の盛んな学校で泳げない子はいないほど。夏はこの臨海学校行事の遠泳がメインイベントでした。平泳ぎが得意な私は一番長いコースの班で、プールでの授業も余裕でした。

民宿のようなところだったような記憶ですが、到着後部屋はふすまをすべてぶちぬいた感じの大部屋。私があてがわれたスペースはなぜか仏壇のあるスペースの前の畳でした。上にはおじいさんやおばあさんの写真がズラリ。なんか不安な気持ちになったのを覚えています。

早速海でトレーニング。普通プールより海水のほうが体が浮くので楽なはずなのにプールよりつらい泳ぎ。原因はわかりませんが体が妙に重い。その晩寝ていると私の頭側には廊下がありましたが、そこを行ったり来たりする気配がずっとあり怖くて布団かぶってたのを覚えてます。




次の日、遠泳のコースを予行演習したのですが、これが今でも恐怖な体験でした。

やはり体が思うようにならず、苦しくて体が縦になり沈み溺れる感じになりブイに思わずつかまりました。遠泳なので本番なら失格です。ボートで監視してる先生は泳ぎが得意な私を知っているので「サボルなー!!」というばかり。

なのでまた泳ぎだすと今度は足をつかまれる感触がモロにしたので思わずバタバタして下をみたら・・・一瞬でしたが子供の勘違いでなければ、無数の手が一瞬見えました。パニックになりそうでしたが、周りに生徒がいたこと、先生にこらー!!とか言われてたことで子供ながらになんとかこなした感じです。

子供でも恐怖体験は言えないです。先生にバカにされたらどうしようとか。きっと信じてもらえない、とか思うものです。

たどりつくまでなんども足をひっぱられる感覚になり、たくさんの大小の海藻が絡みつきました。こんな海藻絡みつく体験、その後は一度もありません。演習後、先生が私の体調を心配していたのを覚えています。きっと元気がなかったからだと思いますが、私は怖すぎてどういう態度だったのか覚えていません。




その夜わたしは布団の中でここにいる何者かにお願いしました。明日の遠泳、今日のような怖いものがきませんようにと。廊下の気配はなぜかありませんでした。

翌日遠泳本番、嘘のように体は軽く遠泳はすんなりこなせました。昨日のあの異常な苦しさはカケラもありませんでした。廊下の気配の方が守ってくれたのでしょうか。

お願いしてよかった、そんな気持ちになりました。

その後、多数の幽霊が泳いでいる人の足をひっぱるイラスト付きのオカルト本を目にする機会があり、私が体験したものはこの手のたぐいだと思っています。

海は好きですが、怖いですね。

長文、乱筆乱文お許しくださいませ。失礼いたします。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Free-Photos PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る