森の中にスキンウォーカーか!?動画に映った不気味な新型UMA!

ポーランドから不気味な未確認生物の姿を捉えた動画が出てきて話題になっている。

動画の内容は、撮影者が懐中電灯一つで森の中に進んでいくものとなっており、肝試しでもしているようなものとなっている。懐中電灯の明かりはそう遠くまで届かず、辺りは闇に包まれている。

程なくして、奇妙な叫び声のようなものが聞こえてくる。まるでわめくような声が何度も聞こえ、木々の間から白い不気味な生物が姿を現すのだ。




その生物は遠くにおり、樹の幹に隠れている部分があるためどのような姿をしているのか解らない。しかし、白い毛皮で歪んだ骨格をしており、人間よりも大きいように見える。

しかも、撮影者にライトで照らされた事に気づき、撮影者の方を向いて近寄ろうとしてきているのだ。

これに気づいた撮影者は、短い叫び声をあげてその場から逃げ出してしまった。その後、この生物がどうなったかは解っていない。

こちらの動画は今年の3月に撮影されたものだそうだが、最近になって海外で人気のオカルト系Youtubeチャンネルに取り上げられたことで再注目されたようだ。




撮影者によれば、この生物のものらしき叫び声は、過去にも聞いたことがあるという。確かに撮影者は過去に「奇妙な生き物が闇の中にいる」として愛犬が夜の闇に向かって威嚇して吠える様子を撮影し、アップロードしている。

また、廃墟になった旅館で不気味な体験をした事も動画に上げていて、これらの動画と自分が目撃・撮影した奇妙な生物には何らかの関係があるのではないかと考えているようだ。

関連性はともかく、動画に捉えられた未確認生物は人とも獣ともつかない不気味なもので、今のところ新型UMAと言う他ない。さらなる証言や情報に期待したいところだ。

関連動画
I heard this creature again

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Leviathan YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る