【最低放送事故】『火曜サプライズ』このトラブル、もはや都市伝説級

2020年6月16日に放送されたバラエティ番組の『火曜サプライズ』(日本テレビ)の内容が「大型放送事故」として話題になっている。

この日の『火曜サプライズ』は、生放送かつ新型コロナウイルス感染症対策として出演者のリモートで放送が行われたのだが、この内容がはやくも黒歴史レベルとしてネット上で騒がれているようだ。

この日のリモートは、番組MCのウエンツ瑛士とゲストとして小島よしおとダンディ坂野が出演。




一応、この三人はコラボという形だったが、完全ノープランで番組進行をしてしまったため、途中から笑いが一切なしのグダグダな雰囲気で終わってしまった。

火曜サプライズ、食レポで入る店を間違えた!

さらに中継を結ぶ回線の状態もよくなかったようで、番組を見ていた視聴者には彼らが何をしゃべっているのかほとんど聞き取れなかったらしく、このこともネット上では「完全に放送事故だろ」「これはヤバイ」など、数多くのクレームが投稿されていた。




モチベーションの低い中継内容に加えて音声トラブルとは、いくらリモート中継とはいえ、そのお粗末さに多くの視聴者がウンザリしたようだ。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、この2か月余りでテレビ業界によるリモート中継は独自の進化を遂げてきたが、まだまだ対策の余地がありそうである。

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『小島よしおのギロスチョピ~前へ前へ~ [DVD]

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る