幽霊が動かしている?インドで撮影された「ひとりでに動く遊具」の謎

インドにて、奇妙な心霊現象が動画に撮影されて話題になっている。

夜の公園に、警官が数人集まってある遊具を観察している。遊具は手漕ぎのシーソーに似たジム器具らしいのだが、誰も乗っていない無人の状態にもかかわらず、上下運動を繰り返しているのだ。

まるで「見えない何者か」が遊んでいるような状態となっている。

関連動画
Japanese Park, Rohini!! Ghost!! #ghost #delhi #negative #real




風や振動のせいかとも思えるが、すぐ側にある同じタイプの危惧はまったく動いておらず、原理はわからない。警官も手出しできないようで、少し距離をおいて観察したり、スマートフォンで記録したりしているようだ。

こちらの動画はネット上にあげられるなり注目を集めることとなったが、実はいつ、どこで撮影されたものなのかが解っていない。

動画のタイトルにあるとおりデリーのロヒニ地区にある日本公園(ジャパニーズ・パーク)だという人もいれば、ウッタルプラデーシュ州のカンシラム公園だという人もいる。




そもそもこれだけ警察が集まっているだけに、当時現場で結構な騒ぎになっていたはずなのに、映像が出るまで誰も異変が起きていた事に気付かなかったということから、この映像は地方の法執行機関が調査していたデマの動画ではないか、という説も出てきていた。

しかし、現状は動画に関する詳細は全てが不明とのことだ。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Entertainment Adda YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る