【完全放送事故】『ミヤネ屋』生放送中、女性レポーターが暴漢に…

2020年6月15日に放送された午後のワイドショー番組『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)にて、ロケに出ていた女性レポーターがあわや暴行に襲われそうなシーンが生中継されて話題になった。

事件は同日の午後2時37分ごろ、新宿歌舞伎町の交差点で発生した。

この日は東京都内で気温が30度を超え、また前日の14日には新たに48名の新型コロナウイルスの感染者がでたことで、リアルタイムの新宿における人通りなどをレポートしていた。




番組リポーターの東ふきは、当日の気温やここ最近の新宿の現状などを生中継で報道していた。すると、開始から約3分後、ドン・キホーテ歌舞伎町店近くから、迷彩柄の服を着て黒い短パンに帽子をかぶった男性がなにやら駆け足で東に近づくと、シャドーボクシングのようなスタイルで殴りかかるようなモーションを行ったのだ。

危険を察知した東はその場から逃げるように歩いて歩道側へ移動したようだ。しかし、そのまま目線は明らかに交差点の方を向いていたために、終始何かにおびえているような表情をしていたのが画面からわかった。このことから、不振なこの男は東をその後もしばらく挑発していたのではないかと想像できる。




スタジオにいた番組MCの宮根誠司も「大丈夫?なに?文句言われたの?」と心配する素振りを見せたことから、ネット上でも「なにあれ放送事故?」「すごく怖かった」といった声が相次いでいたようだ。

生放送に不審者が乱入した事件はほかにも、「ヒルナンデス!」(日本テレビ)でお笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄と小島瑠璃子がロケ中に酔っ払いのような男性に絡まれたが、事なきを得たことも過去に発生していた。

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©cheetah photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る