人間の数倍!巨大ダイオウイカが南アフリカの浜辺に漂着

日本でも時々漂着したり水揚げされて話題になる、海の巨大生物ダイオウイカ。先日、南アフリカにて記録的な大きさのダイオウイカが漂着して注目を集めている。

先週の日曜日の6月7日、南アフリカは西ケープ州セントヘレナ・ベイのブリタニアベイ・ビーチを訪れた人物によって発見されたダイオウイカは、体だけで7フィート(約2.1メートル)を超え、さらに触手も8フィート(約2.4メートル)はあり重量がおよそ300kgと推定される巨大なものだった。

巨大生物の漂着はすぐ地元に知れわたり、多くの人々が現場に駆けつけたという。

関連動画
WATCH | Giant squid found stranded on Western Cape beach in rare sighting




この記事でも紹介している動画では、一人の男性がイカの隣に横たわって、今回漂着した個体が人間と比較してどれほど大きいか分かりやすく示すものとなっている。

第一発見者の男性は「見つけた時はまだこのイカは生きていた。しかし、目の前で弱っていくのが見えたので悲しかった」と語る。しかし、「亡くなっても墨を吐き出していたので、何気なく触手に触れてみたところ手に吸い付いてしまった。かなりの力が残っていて、引き剥がすのに苦労した」と間近で体験したダイオウイカの力について地元メディアの取材に答えている。

今回のダイオウイカがどのようにして浜辺に漂着したかは解っていない。そもそも大型のダイオウイカが漂着するのも珍しいことと、生息域は深海のため生体のダイオウイカを間近で研究することは非常に困難である。

今回は貴重な大型個体の漂着事例とのことで、更なる調査研究が待たれるところだ。

関連記事

ニュージーランドにダイオウイカが漂着!

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©News24 YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る