迷宮入りした謎!?長岡京ワラビ採り殺人事件

画像 Twitter引用

1979(昭和54)年5月23日の午前10時頃に、スーパーのパート帰りの主婦2人がワラビ採りに出かけ2日後に無残な姿で発見された!!

被害者2人とも全身に打撲跡が数10カ所もあり、アキレス腱も切られ性的暴行も受けたと思われる痕跡があった。

先に山頂付近で発見されたAさん(当時43歳)は、肋骨が9本も折られ肝臓破裂もしていた。シャツに乱れがあり、体内に犯人の体液も見つかった。絞殺であった。

Aさんの発見場所から10メートルくらい登ったとこで発見されたBさん(当時32歳)からは、犯人の体液は発見されなかったがO型の血液と分かる体毛があった。だが衣服の乱れがAさんより激しく、下着も破かれ膣内も損傷していた。抵抗した痕跡と異物を挿入された可能性も残された。胸部に包丁が深く刺されていた。

2人のリュックの中には、ワラビと空の弁当箱と財布が入っており金品は盗まれていなかった。司法解剖により食後1時間以内に殺害されたと検証された。




「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」と裏に走り書きしてあるレシートがAさんのポケットに入っていた。「たすけて下さい」の「す」を間違えて「く」と書いて、上から書き直した形跡まで残っていた。

被害者が震えながら咄嗟に書いたにしても、随分不自然である。「オワレ」と「たく(す)」の字を犯人に書かせて、Aさんが後からつけ足したという透視能力による仮説もある。

さらにサイコメトラー・渡辺りょう氏もカードによって透視している。透視によれば犯人の精神状態が不安定であったところに、AさんとBさんが遭遇し心配して声をかけてしまったそうだ。様子がおかしいことに気づいたAさんは、レシート裏に「この男の人わるい人」とBさんに知らせるために書いた。それが犯人を逆上させてしまった可能性があるそうだ。

犯人は病院などの施設から逃げ出して来た可能性もあるようだ。渡辺氏の透視では、犯人は自覚がない状態で収容されまだ生きている可能性があると出た!

現場付近で目撃されていた不良2人組(1人は空手経験者)、他にも男性2人組(25歳から30歳くらい)、ワラビ採りをする女性に声をかける包丁を持った男性(40代くらい)、Aさんの夫などに容疑がかけられていたが証拠が出なかった。

渡辺氏の透視では、犯人は精神障害者であったため当時の警察からはリストアップされていなかった可能性があると言う・・・ちなみに犯人に武道の心得はなく、包丁の他にパイプなどの凶器を使った可能性もあるそうだ。

Aさんが使った鉛筆の芯が遺体から若干離れた場所で発見されたが、鉛筆自体が見つからなかった。2019年12月21日に新宿ゴールデン街劇場で行われた「アベンジャーズライブ2」でも、渡辺氏はこの話をしており犯人が鉛筆を食べてしまった可能性も示唆していた。本当に事実だったなら、実に不気味な光景であろう。

この事件の5年後の5月に同じく京都府長岡京市内にて滅多刺しで絞殺され放火された、被害者Cさんも一緒にワラビ採りして先に下山していたと都市伝説化された。AさんBさんの2人とCさんが同じ職場だったとも噂されていたが、実際は事実と異なる。

どちらの事件も犯人の血液型がO型だったことと、迷宮入りしてしまったことから同一視されてしまったのだった。

だが渡辺氏の鑑定では、犯人は同一人物とは違うが同じように精神障害を患っていたという結果であった。この犯人はCさんを布団で巻き、さらに衣類を積み上げて火を点ける残虐な犯行であった。この犯行には儀式的な意味合いがあったと、渡辺氏はカードから読み取った。

この事件もワラビ採り殺人も恨みによるものではなく、見ず知らずの人間によるものとのことである。

関連動画
ATLASラジオ2nd-11:長岡京わらび採り殺人事件、犯人特定!?




関連記事

『長岡京ワラビ採り殺人事件』不可解なメモを書いた人物 

ワラビ採り殺人が起きた奥海印寺の野山は、山菜や筍が採れるため入山する人々もいたが決して治安は良くなかった。昼間も薄暗く人目につかない場所が多く、筍泥棒や暴走族や痴漢・婦女暴行の被害が以前からあったそうだ。

さらに人さらいの一族まで住んでいた噂まであったのだった!女性が姿を消すと言われていた地域であり、数10から数100人もいなくなったと言われた。

最後にもう1つ都市伝説化された噂があった。現場付近を通る阪急バスの最終便の一番後ろの席に、被害者のAさんとBさんの幽霊が座っているそうだ!!何人も目撃した運転手がいたため、最終便の時刻が早められたとの噂もある。

現場付近を走行していたバイクの後ろに乗っていた女性が、何者かに押されたかのように突然落下し手形まで付いていたなどの怖い噂話まで広まっているようだ。果たしてワラビ採り殺人と関連性があるのかまでは定かでない。

長岡京と言えば、平安京に遷都する前にわずか10年しか存続できなかった呪われた都でもあった。実は古から不吉な出来事が多々あったということである。

いつか未解決事件が解明され、報われなかった人々の魂も浄化される日が来ることを祈りたい。

(ふりーらいたー古都奈 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

参考サイト

Alpy 長岡京殺人事件(ワラビ採り事件)の真相!犯人・被害者のその後は【未解決事件】
WINDY ワラビ採り事件の真相!残虐な犯行や犯人の詳細!【未解決事件】
Carat Woman 長岡京殺人事件(ワラビ採り事件)の真相は?真犯人を推理!
TOCANA 強姦殺人を続けた京都の「ヒトサライ一族」と未解決事件

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る