【アルゼンチン発】「頭が二つある子羊」が発見された

アトラスでは、世界中で報告される奇妙な生物について報告している。

先日、アルゼンチンにて発見されたのはなんと「二つの頭に3つの耳」を持つ子羊だった。

問題の羊はアルゼンチン中央部のリオネグロ州コロネルベリスル、コロニアラアリアンツァ地区の農場にて親羊から生まれたという。

飼い主は約50頭の羊を飼っており、出産に立ち会った当初は「双子の羊が生まれた」と考えたそうだ。しかし、難産であったために専門家を呼んで取り上げることにした。すると、生まれてきた子羊が二つの頭を持つ奇形であったことが発覚したのである。




生まれてきた子羊は頭が重すぎたようで、立ち上がる事ができなかった。また、母親のお乳をあげたところ「片方の口で吸ってはいたものの、もう一方の顔の鼻から流れ出ていた」状態だったそう。

奇形生物の常で生まれた時点でかなり弱っており、飼い主は1日もたないかもしれない、と思ったそうだ。子羊は残念ながら生まれて4日目には亡くなってしまったとのことである。

現状で奇形が生まれた原因はわかっておらず、飼い主は専門家と相談の上、リオネグロ大学の獣医病院学校の教授に連絡して分析を行うことになったそうだ。

関連動画
Río negro – nació un corderito de dos cabezas.

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る