アンジャッシュ渡部の活動自粛…『王様のブランチ』、次の司会は誰?

2020年6月13日に放送された情報番組『王様のブランチ』(TBS)の今後の動向が話題になっている。

この日は、先日『週刊文春』の不倫報道により、すべての芸能活動の自粛を自ら申し出たアンジャッシュ渡部健が不在の回だった。番組は、冒頭から同じくメインMCを担当している佐藤栞里が涙の謝罪をして話題になった。

結果、佐藤ひとりで大役を務めたこの日の『』は無事に終了したのだが、早くもネットでは渡部の次の司会を予想する声があがっている。




第一候補は現在も同番組にキャストとして出演中のオリエンタルラジオの藤森慎吾だろうといわれている。藤森は他の番組で司会経験もあることからも、渡部のピンチヒッターとして登板する可能性はかなり高そうである。

また、同番組の前任司会者である谷原章介、また初代の寺脇康文なども名前が挙がっているという。しかしながら、渡部が無期限の出演停止となっている以上は、彼らのスケジュール調整は難しいと考えられることからも、現状では適切な代役探しはしばらく難航しそうである。

関連記事

【放送事故】『王様のブランチ』、とんでもないモノに出演者苦笑

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©写真素材足成

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る