のっぺらぼう

投稿 匿名希望さん

こんにちは いつもアトラスラジオ楽しく聞かせて頂いてます。

これは私が二十歳代の時に話です。今から25年くらい前になります。

私は当時、大学生で山口県の大学に通ってました。私は小学校から仲のいい同級生が2人いまして、一人は香川県の大学に通って、一人は福岡県に就職してました。

私達は年に一回、香川県に集まり、4~6日くらい泊まり込んで遊んでいました。麻雀したり、心霊スポットに行ったりしてました。香川県の友達のO君は元々霊感がありました。私はその1年くらい前に交通事故で死にかけて、それから徐々に霊感が身に付いて来ました。

その日の晩はお寺に行こう、と言いました。




O君曰く、その寺には大きな蛇の霊がいると言ってました。私達はその寺に夜中の一時半くらいに行きました。

お寺の駐車場に着くと、車が一台ありました。

(あれ? なんで車が?)不思議に思いましたが、気になりながらお寺の奥に行きました。

一通り廻りましたが、とくに何もなく入り口に戻ってきました。戻ってきたら、まだ車がありました。気になりはしましたが、声をかけるのも気がひけるので、私達は車に乗り込み駐車場か出ました。

駐車場から出てすぐに、電話BOXが目に止まりました。お寺の駐車場に電話BOXあり、夜中に電話BOXの灯りが煌々としてました。来た時には誰も入っていませんでしたが、今は人が入っているのです。

(これはあの車の人だな)と思いました。

電話BOXの中には修験者のような、お百度参りの人のような白装束の男がいました。見た瞬間になんかヤバい感じがしました。私は怖かったので、目を合わせないようにしてました。しかし、最後に男の顔を見てやろうと思い、すれ違いざまに思い切って顔を見ました。

すると、男の顔が何も無いのです。




どういう事かというと、目鼻口がないのです。ビックリしました。(え!? なんか見間違えたのかな?)と思い、O君に
「なんかさー、電話BOXの中に人いたよね、あれ顔がなかったように見えたけど、そんな訳ないよね」言いながら、(自分でも変なこといってるな)と思いました。

しかしO君は「俺も見んかった。」ボソッと言いました。

そもそも夜中電話BOXで上そもそもから照明が当たり、顔が見えないことはあり得ません。彼は正面を向いてましたが、顔に影が無いのです。目のところが少しくぼんでましたが、薄っすらと影ができる程度で、まさに『のっぺらぼう』でした。さらに、電話BOXの彼は口もありませんでした。

これが私の体験談です。良かったら先生の参考にしてください。

コロナが収まれば、またライブ等楽しみにしております。頑張ってください、応援しております。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©ぺるみけ photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る