「フマキラー」「行列」、アンジャッシュ渡部に囁かれる奇妙な連鎖

2020年6月11日に発売された『週刊文春』にて、お笑いコンビ「アンジャッシュ」渡部健の不倫疑惑が取り上げられて、今や世間は彼の話題で持ちきりである。特に六本木ヒルズ内の多目的トイレを使用した逢瀬に関しては、もしかしたらヒルズ側から不法侵入で訴えられるのでは、との話も聞こえてきた。

現在、渡部は全ての芸能活動に対して自粛中であるが、一部スポーツ紙の報道ではこのまま引退してしまうのではないかという噂もあるようだ。また、報道が出る前に自ら活動自粛を各テレビ局、ラジオ局に申し入れたという珍しい事態に芸能界は騒然となっている。

さて、今回のアンジャッシュ渡部の不倫騒動だが、ネット上では早くも「○○の呪い」なる風説が囁かれ始めたようである。




まず一番目に取り沙汰されているのが、『行列のできる法律相談所の呪い』である。行列のできる法律相談所といえば、法律を扱っている番組ではあるが、なぜかこの番組の出演者には法を犯すトラブルが付きまとうようだ。

古くは司会の島田紳助が2004年、吉本興業の女性社員に暴行を働いたとして活動自粛。さらには2011年に暴力団との交友関係があったことを明かし、芸能界引退となった。

また、2019年には同じく司会だった宮迫博之芸能事務所を通さない闇営業、しかもその営業先が反社グループだったことから芸能活動を自粛。現在に至るまで復帰できていない。

そして今回の渡部のスキャンダルである。渡部は司会ではないが、レギュラーとしてこの番組に長年関わっている。つまり、またも『行列のできる法律相談所』から活動自粛の出演者が出てしまったことになった。

【アンジャッシュ渡部建の提言】「生姜焼きの上手な女に騙されるな!」




次に、二番目に囁かれているのが、殺虫剤の「フマキラーの呪い」である。

フマキラーは2018年に「ベープ」のキャラクターを務めていたTOKIOが、メンバーの不祥事により、1人抜けて4名になったことでCMが差し替え。そして今回の渡部は「ゴキブリワンプッシュ」というゴキブリ駆除剤のCMに出演していたが、現在では渡部を除いた素材でのCMに切り替えることが決定している。

これらを呪いといっていいかどうかは微妙なところであるが、それだけテレビやCMで見る機会が多い好感度の人気者ゆえに面白おかしく噂が立ってしまうのだろう。

それにしても、今回、渡部が世間の人々に与えた失望の代償はやはり相当大きいようだ。

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『芸能界のグルメ王が世界に薦める! 東京 最強の100皿 

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る