【ケガの功名】『バイキング』時間超過!その時…あの人が披露した特技

2020年6月11日に放送された情報バラエティ番組『』(フジテレビ)で珍しいハプニングが発生したと話題になっている。

この日の『バイキング』は、放送時間の大部分を現在芸能界を大いに賑わせているアンジャッシュ・渡部健の不倫問題について特集していた。現在世間を大いに騒がせている話題のトピックということもあり、おおよそ1時間以上かけて激論してしまったことから残りの放送時間がひっ迫したようだ。

その結果、番組準レギュラーの清原博弁護士の出演するコーナーが泣く泣くカットされるという状況になってしまったのだ。




この緊急事態にMCの坂上忍は「えー、実は今日、久しぶりにやってしまいまして。前半戦のスタジオが盛り上がりすぎて、清原さんに出演してもらうコーナーが飛んでしまいました。清原さんゴメンなちゃい」と清原氏に謝罪。すると、清原氏も「覚悟はしていました」と苦笑いした。

【放送事故】「バイキング」で出演者、突然消えた!

さて、ここだけでもテレビ的にはハプニングとしてはじゅうぶんに面白いのだが、坂上は「じゃあ、清原さんには今日の天気だけお聞きしてもよろしいですか」と突然のリクエスト。

なんと、清原弁護士は「わかりました」と快諾。そして「本州は東北北部を除いてすべて梅雨入りでして~」とスラスラと天気予報を説明し始めた。




これには、スタジオもテレビを見ていた視聴者もビックリ。ネット上では「なんで清原弁護士が天気読んでいるの?」といった声が相次いだ。

実は清原弁護士は国際弁護士以外にも気象予報士の資格も持っているといい、天気のことを話すのは得意中の得意らしいのだ。

このことから、ネット上ではさらに「清原さんにはバイキングでは法律以外にも天気のこともやってほしいな」というリクエストが多く届いたという。

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©himawariin photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る