私の不思議体験

投稿 ゆうさん

主人を叱った謎の言葉

7年ほど前、別居した主人とまだ一緒に暮らしていたころの話です。

先ずは、主人がもう寝ていて、私は未だ起きてネットで何か見ていました。すると、翌朝に「すごく変な事が有ったんだ」と言うので話しを聞くと、寝ていたら寝室のドアが開く音がして、横に私が寝たような感触がベッドの上に伝わったので、私の方に手を伸ばそうしたそうです。すると、誰かから「彼女に触るな」といわれたので、思わず手を引っ込めたそうです。

それからほどなくして、寝室のドアが開き、私が入ってきて、横に寝たそうです。

そこにいるはずもない主人が私を睨みつけた

それから何週間か経って、今度は私が先に寝ていると、ドアが開きました。

私がそちらを見ると、ふわふわの髪の主人がお気に入りのベージュのTシャツを着て、私の方をじっと見ていたので、「どうしたの?寝るの?」と聞いたのですが、返事もせずに突っ立っているので、私は背を向けて目を閉じました。 

気配が消えたので、振り向くとドアは閉めてあり、主人の姿は有りませんでした。何だか気になって下に降りていくと、息子がリビングでパソコンを使っており、主人はカウチの上で、汗だくになっていびきをかきながら寝て居ました。 

息子に聞くと、「ずっとそこで寝て居た」というのですが、その時に主人が着ていたTシャツは紺色でした。




我々姉妹を脅かす絵画の美少女

これは上の話しとは別の話しです。

霊感の強い姉と、美術館に行った時の事です。ヨーロッパの古い絵画のコーナーを別々に見て廻ってました。

ある絵の前に来た時、左端に描かれている4~5歳くらいの女の子の目が怖くて、鳥肌が立ち、角を曲がったところで避難していました。すると、姉が来て 私が「あのさ・・・」と話し始めるや否や、「あの女の子でしょ。『見つけたぞ!』って言われた」というので、本当に怖かったです。 

絵に念が籠ったり、何かが入り込んだりすることって有るんですね、きっと。

家族3人が同時に聞いた鈴の音

父が亡くなって、1年ほどして、母と姉(霊感の強い姉の更に上の姉です)と、夜テーブルを囲んで座っていました。

誰も座っていない椅子が珍しく後ろに引かれている状態だったのですが、お菓子をつまみながら雑談していると、その引いてあって誰も座っていない椅子の後ろあたりから、とても澄んだチーンという鈴の音が聞こえました。

3人で一斉にそちらを見て、「聞こえたよね、今の鈴!」。母はきっと父が仲間に入りたがったんじゃないかと言っていました。 

その部屋の何処にも、他の部屋にも、そのような鈴など無かったことと、3人一斉にそちらを見るくらいにハッキリした音が聞こえたのでとても不思議でした。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©StockSnap PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る