総額3億円…ロッキー山脈に隠された現代の埋蔵金、遂に見つけた!

ロッキー山脈のどこかに隠されていると噂されていた現代の埋蔵金、フォレスト・フェンの宝がついに発見されたという発表があった。

元米国空軍のパイロットで、後に骨董商として名をはせたフォレスト・フェン氏。彼は1988年にがんと診断されて自らの貴重な財産を隠そうと考えた。

幸いにもがんを克服したのだが、2010年の80歳になった時、ロッキー山脈のある場所に金貨やダイヤなど3億円相当の財宝を箱に入れて隠したという。

関連記事

ロッキー山脈に眠る富豪の埋蔵金!3億の宝を求めて死亡者も

彼の自伝には隠し場所について「温かい水が止まるところ」「ブラウンの家のふもと」「臆病者には行けない」等のあいまいなヒントが9個書かれており、これまでにも多くの人が挑戦。しかし推測されている隠し場所が人家のある場所から遠く、容易にはたどり着けない所になるため遭難や事故で命を落とした人もいるほどだった。

到底見つからないのではないかと思われた「ロッキー山脈の埋蔵金」だが、なんとつい先日発見者が現れたという報告がなされたのである。




このことを発表したのは他ならぬフェン氏自身で、そして発見者は匿名だが「バックイースト」出身の男性だったと語っている。

伝えられるところによると、発見者の男性は自分の身元を明かすことを希望しておらず、発見した埋蔵金の写真をフェン氏に送って証明してみせたとのことである。

「埋蔵金はロッキー山脈の緑豊かな森林の中にあり、10年以上前に私が隠してから移動していなかった。埋蔵金の追跡が終わったので、嬉しくも悲しくもある不思議な感情を抱いている」とフェン氏は語っている。

関連動画
Forrest Fenn Treasure Finally Found In Rocky Mountains | TODAY

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©David Schwarzenberg PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る