【事件か?】『帰れま10』疑惑のモザイクの人物…正体は誰だ

2020年6月8日に放送された『帰れま10』(テレビ朝日)で謎のモザイクシーンがあったとして話題になっている。

この日の『帰れま10』には、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷大輔、玉森裕太、千賀健永、そしてみちょぱ、U字工事などがゲスト出演。番組は新型コロナウイルスの影響により、店舗内でのロケが出来ないことから、人気ファミレス店「ガスト」からテイクアウトメニューの人気順位当てに挑戦することになった。

モザイクが登場したのは過去のアーカイブから名場面を振り返るパートだった。

今回フィーチャーされたガストは、2012年にも一度『帰れま10』で取り上げられていたのだが、何故かそのシーンに巨大なモザイクがかかっていたのだ。




ところが、モザイクがかかっているにもかかわらず、その巨体と特徴的な髪型は、まさに俳優の竹内力だと多くの視聴者には丸わかりだったようで、ネット上では「竹内力なんか事件起したっけ?」「どうして竹内力にモザイクが?」と一時的に騒然となっていたようだ。

なお、竹内にかかっていたモザイクは21時を過ぎると急に外されていた。

あの芸能界の大物による裏被り発覚!意外な理由とは…

恐らくではあるが、竹内にかかっていたモザイクの理由は、裏番組であるフジテレビ系の『スカッとジャパン』に出演していたための処置、つまり裏被りを防ぐためではないかと想像できる。

番組の途中でモザイクが外れるのは近年では珍しく、ネットでは竹内に対して同情の声が相次いでいたという。

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『欲望の街 マキシコレクション版

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る