NASAは隠蔽しようとしている…アポロ10号もUFOを撮影していた

先日、アトラスではアポロ9号がミッションの際に撮影していた?黒い三角形UFOらしき画像を紹介させて頂いた。過去の画像を改めて見返すことで、新たに発見されるUFOも出てくるようだ。

今回紹介するのは、1969年5月に行われたNASAのアポロ10号ミッションの際に撮影された写真である。


画像©NASA




何が写っているかは一目瞭然、大きなオーブのような球体と、歪んだ帽子のような形を組み合わせたような謎の物体が月の上に浮かんでいる。果たしてこの物体は何なのだろうか。

ピントが合っていないことから、アポロ10号に近い場所を飛行していたものなのは間違いない。よく大気圏外で撮影されるUFOの正体は不要になった宇宙船などのスペースデブリだと言われるが、この時代はまだ人工衛星もロケットも少なくデブリが近くに存在したとは考えにくい。

このUFOを発見したのは、またしてもUFO研究家であるスコット・ワーリング氏だった。

彼は前後に撮影された写真で同じ構造の物体が写り込んでいないか探してみたが、すぐ前の写真は場所が異なっていた。それだけでなく、NASAによってネット上から削除された写真が1ダース以上あり、今見ようと思っても404エラーが発生するという。




NASAはここ数年で過去のアーカイブを編集しているようだと彼は述べており、この写真も早ければ今後数か月以内には削除される可能性が高いという。

恐らく公開期限が切れるためと思われるが、NASAはUFO画像が紛れ込んでいることを知っていて隠蔽しようとしているのだ、という説も存在している。果たして真相はいかに?

関連動画
Giant Orb Over Structure On Earths Moon, Apollo 10 Photo, UFO Sighting News.

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©ET Data Base YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る