私が体験した不思議な話 その2

私が体験した不思議な話 その1 から続く

投稿 U子さん

隣りの大工さん

当時、今から8年程前の事。6年住んだ借家のボロ家。同じ敷地内6件に引っ越しのあいさつに行きました。 

全身麻痺の兄貴を抱える変わったおばさん。統合失調症の落書きのあるおじさん...大丈夫かぁ?全然、大丈夫!誰とでも直ぐに仲良しになります。 

1軒だけ留守でした。暫くすると見慣れない軽トラが...「この前挨拶に来てくれたんだね?タオルありがとう」。

大工さんでした。  

もうとっくにご近所さんと仲良くなったころ、1軒をのぞき、どうせ作るんだからと、多めにおかずを作り持って行く事にしました。「ありがとう、おいしかったよ」喜んでもらえると、こっちが嬉しくなる体質です。




トントン、おじいちゃんが出て来ました。「こんにちは。大工さん居ますか?」「ああ、誰もいないよ」「そうかぁ
じゃあ、おじいちゃん、これ1個しか持って来なかったけど良かったら食べて下さい。もつ煮込みです」「そりゃあありがとう。喜んでいただくよ!」

1ヶ月程してもう1度、今度は牛すじ煮込みを…1食分のヨーグルトカップは丁度いい大きさで、今度は6個用意して順番に配って行きます。(この前は失礼しちゃったけどあの後大工さん帰ってきたのかな?)

今度は2個持って...トントン、「はあい、どなた?」「こんにちはぁ」「おじいちゃん、こんにちは」「ああ、はい、こんにちは」「今日は牛すじ持ってきましたぁ。大工さんは?」「いないよ」「じゃ、今日は2つ持ってきたから、2人で食べてくださいね」「ありがとう、おいしそうだね。ご馳走様」

そうしておじいちゃんに2個の牛すじ煮込みの入ったヨーグルトカップを渡して家に帰りました。

暫くして軽トラが入って来ました。(おっ、大工さん帰ってきた)

「おおっ!元気?」「元気元気」(大工さんも元気そうで良かった)「おじいちゃんは元気?」・・・・・・「えっ?」・・・・・・「えっ??どこの?」。

(えっ?おじいちゃん元気かな?ってそれだけなんだけど)「えっ?俺、1人暮らしだけど、誰も泊りにもこないしなあ」

(絶句)余計な事を言ってしまった。 




 

その後大工さんに頼み事があり、「お礼に何か?」と尋ねたところ、「じゃあ、部屋の掃除手伝ってよ」と、服が散らかっているくらいできれいな部屋を探したけど、例のカップはどこからも出てきませんでした。

この世の人ではない人を見る事はたまには有るけど、まさかこの手からもつ煮込みや牛すじがこの世の人ではない人の手に渡るとは・・・本当に有るのでしょうか?

それからおじいちゃんは見なくなりました。きっと最後に美味しい物を食べたかったんでしょうね!自分の家ではないも悟り成仏したのでしょう。

結果、良い事をしたのだろうと、これも。『もつ煮込み食べたの?カップは何処に行ったのよ!』と笑い話です。大工さんはその後殆ど帰って来なくなりました。(土下座、ごめん、大工さん)

長々と長くなってしまった文章をお忙しい中読んでいただきたいありがとうございました。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©photoB photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る