江戸奇伝 武州多摩群貝取村で古牌を掘り出した話

好間堂記

文政六年癸末三月のことです。

友人の沙門春登が訪ねて来て言うには、隣村の多摩群貝取村(注1)の百姓が、雨上がりに薪を取るため、住居後方の山に登っていると、深さ約1メートルの土中穴に片足が落ちたので、怪しい穴だと思い周辺を調べてみると、そこから約1.5メートル離れた場所に幅約3.5メートルの大きな穴を見つけたそうです。

その大きな穴の直ぐ隣に、深さ約2メートルの小さな穴があり、水を故溝に通すような造りになっているとのことだったので、その場所を調べに行ってみると、それらの遺棄された埋桶は、石を積み上げて作られていたそうです。そこで、石積みに沿いながら周辺を掘り返してみると、石積みの全長は約6.5メートルで、瓦が40~50基ほど出てきたそうです。




年歴を察すると今から530年前の弘安元年(1278年)から文明九年(1478年)頃まで使用されていた遺物だそうです。遺物には金字の梵箔も幾つか見られたそうですが、風化して文字が欠落していたので多くは読めなかったそうです。

持ち帰った金字の梵箔が書かれた遺物を二基ほど拝見したのですが、欠損の状態などから推測すると、誉時足利持氏と足利成氏の争戦(※関東管領及び室町幕府と対立)が終わる頃のもので、場所は此邊上州北越の官道なので、略奪を恐れた民家が資財雑具などを隠していた場所と思われます。

因みに、和学好きの春登は萬葉用字格を出版しました。

注1:現在の多摩ニュータウン付近

参考:兎園小説(国会図書館蔵)、萬葉用字格(国会図書館D)


(萬葉用字格/国会図書館D)




あとがき

五代将軍の足利義量が死亡した後、六代将軍はくじ引きによって足利義教に決定した。

しかし、それを不服とした足利持氏は次第に幕府と対立するようになり、永享の乱で持氏は自害した。持氏の息子であった足利成氏は父の意志を継いで幕府との対立は続き、持氏と成氏の争戦が戦国時代幕開けのきっかけとなった。

こうして室町幕府の権威が低下する中、守護大名に代わり全国で戦国大名が台頭するようになり、戦国大名各々が領地拡大のため争うようになった。つまり、くじ引きが原因で戦国時代は始まったと言える。現代社会も混乱した情勢にあるが、戦国時代に突入しないことを願いたい。

因みに、萬葉用字格は漢字を使用したなぞなぞ遊びに関する書物である。


(萬葉用字格/国会図書館D)

参考:ウィキペディア
(前世滝沢馬琴 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る