緑色の黄身!?インドで緑の玉子を産む鶏を発見!

目玉焼きに卵焼き等、食卓にのぼらない日は無いであろう万能な食材の一つ、卵。

真ん中の黄身の色は我々の食欲をそそるものだが、何とも衝撃的な色の卵がインドで見つかって話題になっている。

こちらの卵は、インドのマラプラムにある農家の鶏が産んだものである。その色はなんと驚きの緑色。よく見ると透明な白身の部分も微妙に緑がかっている。




農家によると、このような卵が生まれはじめたのは9ヶ月前からという。初めは不気味に思って食べなかったが、そのうち飼っている鶏が全て「緑色の黄身の卵」ばかり産むようになったらしいのだ。

味は普通の卵と変わらず、体調を崩すこともないため、今では不気味に思いながらも家族で普通に料理して食べているという。

またこの卵からかえった雛は順調に成長、生んだ卵はやはり親鳥同様に緑色の黄身だった。




しかし、なぜ卵の黄身の色が急に変わったのかが分からないため、農家は自身のFacebookに卵の画像と動画を投稿。ジャーナリストや獣医、専門家から問い合わせが殺到。

ケララ獣医・動物科学大学の専門家たちは卵のサンプルを収集し、この謎を解明するために分析を行っているという。

専門家は鶏に与えられた餌と黄身の色に関係があるのではないかと疑っているが、分析結果が出るまではまだはっきりした結論は出せないとのことだ。

関連動画
വൈറലായ മലപ്പുറത്തെ പച്ച മുട്ടയുടെ രഹസ്യം തേടി ഗവേഷകർ..! – Green egg yolk malappuram – Malabar Times

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Malabar Times News YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る