何かの儀式で使用された?イギリスの川から発見された謎のサイコロ

イギリスにて、海から奇妙なサイコロのような物体が水揚げされて話題になっている。

こちらはコベントリー南部のソウ川で発見されたもので、一面に9〜16のマス目が書かれており、そこにヒエログリフやサンスクリット語のような絵文字らしきものが浮き彫りになっている。

材質は鉛製で、大きさは指でつまめる程度、重さは125gだったという。




こちらの立方体は、強力な磁石を使って水中のものを引き上げる「マグネットフィッシング(磁石釣り)」を行っていた男性が2人の幼い息子と一緒に引き上げたものであるという。

Facebookでライブ配信をしながら磁石でもって川の中に沈んでいたものを引き上げていたところ、途中からこの謎の立方体がつぎつぎと上がってきて驚いたのだという。




一体何に使われるものなのか全く検討もつかないため、彼は自分が引き上げた立方体の画像をSNSに投稿。広く意見を募っているが、今のところ正体は不明のままだという。

中にはインドの人が祈りを捧げながら立方体を流れる水に投げ込む風習があった、という書き込みがあったそうだが、断定はできないとのことだ。

現代になって川から引き上げられた謎のサイコロ、正体が明らかになる日は来るのだろうか。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©jLasWilson PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る