亡くなった猫の起こした不思議な現象

投稿  とよちゃん 

敏太郎さん、タートルカンパニーの皆さん、こんばんは。 とよちゃんです。私のペットの事も聞いてください。

2015年、18才まで生きてくれたネコのシェリーちゃんが、虹の橋を渡りました。

末期癌がみつかり、獣医さんから、余命3か月と宣告されました。翌日から私は仕事の長期休暇を取り、24時間体制の看病を始めました。2時間置きに、スポイトで流動食を与え、ネコと二人きりの長い時間は、ある意味、しあわせでした。

遂に昏睡状態に陥り、覚悟を決める時間も持てました。

最後の瞬間にも立ち会えました。ググっと声を出したので、バッと抱き上げましたが、首が落ちたので「あんじょう逝きや!」と叫んでしまいました。




その直後、ひざまづいていた私の膝回りを、シュルシュルシュルっとまるで、地面を回る花火のような速さで、何かがす速く回りました。それはシェリーちゃんの気配で、「ぷは~、スッキリしたぁ」という表現に受け取りました。

暫く寝たきりだったので、体から抜け出られて、動けるようになりラクになった、お母さんってカンジでした。まだ悲しいという気も起きず、「そうか、そうか」と心を沿わせるように、見守っていました。

翌日、「ゴメンね、ゴメンね」とシェリーちゃんが言うのが分かり、私はとても驚きました。「なぜ、そんな事言うの?」と聞くと、「ワタシが死んで、お母さんびっくりしてるでしょ、ゴメンね、でもワタシは大丈夫だから、悲しまないでね」と言うのです。

ネコがここまで感情豊かとは、初めて知りました。

シェリーちゃんは、生前はとてもクールなタイプでツンデレの子だったので、これほどまでに表現してくれるのは、意外で、嬉しかったです。

そして次々とポルターガイストが始まりました。




・いつもお昼寝してた出窓あたりで「ブルブルッ」と頭を振る音がする。
・寝ている私の布団のフチを、四角く踏んで歩きまわる。
・大好きだったタンスの上からドスンと降りる音がする。
・寝ている私の耳元に、クフクフと鼻息を近づけてくる。

私は、嬉しかったです。

今は、次の新しいネコにも恵まれ、楽しい生活です。チェルシーと名付けたその子には毎日「シェリーちゃんのお導きで、こうして巡り会えたんだよ」と話しかけています。

長文、失礼しました。最後まで、お読み頂き、有難うございました。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Светлана Бердник PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る