犬より大きい!?超巨大ネズミを捕獲!

ある男性が笑顔で大きな生物を抱き上げている。大きく育った愛犬だろうか、それにしては骨格が違うようにも見えるが……そう、男性が抱えているのはなんと巨大に育ったネズミなのである。

ネズミの中にもカピバラやヌートリアなど大きく育つ種類はあるが、こちらはどうも普通のネズミが成長したもののようだ。




このネズミを発見したボビー・マッキンリー氏によると、始めに孫が庭を横切って走っていく茶色い生物を目撃。「長いピンク色の尾をしている」ことが解ったそうなので、当初はリスでも見つけたのかと思ったらしい。男性とその家族は庭に来るリスや野鳥などを餌付けしていたからだ。

そこで、動物用の罠に餌をしかけて待ってみることにした。餌をチーズに変えたりして目撃から6週間後、罠にかかっていたのはなんと巨大なネズミだった。彼は犬と猫を飼っているそうだが、ネズミはそれらよりも大きく成長しているように思えたという。




男性はネズミについて「本当に大きくて片手で持ち上げるのは難しい」と述べており、大の大人でも両手を使わないと持ち上げることができないとしている。

彼の家の周囲は自然豊かで川が近くにあり、例えば野鳥に餌をやるとネズミも側に寄ってきて、人を怖がることなく餌にありつこうとするとのことである。そんな環境がネズミをここまで大きく成長させてしまったのだろうか。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Rudy and Peter Skitterians PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る