【放送事故】『王様のブランチ』テレワーク中継、アノ声が聞こえた!

2020年5月2日に放送された情報番組『王様のブランチ』(TBS)のリモート中継が「放送事故」と話題になっている。

現在、『王様のブランチ』は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くのレギュラー出演者はリモートによる中継で放送が行われていた。

アクシデントというのは放送開始直後から発生した。




『王様のブランチ』でとんでもない卑猥なモノが…

なんと、番組を見ていると、どこからともなく「ワンワン」と犬の鳴き声が聞こえ始めたのだ。

この日はスタジオにTBSアナの山形純菜が、そしてアンジャッシュ児嶋一哉とオリエンタルラジオ藤森慎吾、さらにゲストのシンガーAIが自宅からリモート出演、また番組MCのアンジャッシュ渡部健、佐藤栞里、山本舞香らは別のスタジオからの中継だった。




結果的には誰の犬が吠えたのかは不明であるが、おそらく藤森がこの日の番組開始時から膝の上に抱いていた彼の愛犬であるマルプー(トイプードル×マルチーズのミックス犬)ではないかと想像する。なお、その後もこのマルプーの鳴き声は時折視聴者には聴こえていたらしく、ネット上では「まだ犬が叫んでいるぞ!」とツッコミが入っていたようだ。

テレワーク出演という、この特別な状況下ならではの放送事故といえよう。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©ponpokopon photo AC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る