【視聴者目を皿】「ダウンタウンDX」謎のモザイク、やっぱりあの人?

2020年4月23日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ)にて、ひとりだけモザイクで顔をボカさかれた謎の人物について、大きな話題になっている。

この日の放送は、3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさんの追悼スペシャルだった。志村さんは過去30回にも渡り『ダウンタウンDX』に出演していて、その爆笑シーンの数々が改めて披露された。

志村さんの死から早くも1か月が経過しようとしているが、いまだその人気は衰えていない。YouTubeでも期間限定ながら『志村けんのだいじょうぶだぁ』が公開開始されたこともあり、ネット上では「やっぱり志村さん最高だな」「永久保存版だった」といった声が相次いでいる。

「志村けんのだいじょうぶだぁ」配信開始!なぜ今まで封印だった?




だが、その一方、視聴者としては少々気になる点がいくつかあったという。

それは時折写る、志村さんの隣にいた巨大なモザイクの主に注目が集まったようである。

このようなバラエティ番組において、過去の映像を使う時は、映っている本人の肖像権の確認をスタッフが確認することが一般的である。しかし、どうしても本人や所属事務所などに連絡が取れない場合はモザイクやカットされて放送することがある。

なお、この追悼放送でモザイク扱いになっていたのは志村さんの隣に座っていた人物だけだったことから、ネットではこのモザイクの主が誰なのか話題になったようだ。




おそらくであるが、スキニーな体形に特徴的な声、おそらくこのモザイクのヌシは一時期、志村さんのコントによく出演していた田代まさしではないかと想像できる。

このことから、志村ファンの間ではモザイクとはいえ田代が画面に登場したことで大盛り上がりだったという。

なお、余談だが、この日の追悼スペシャルは番組の最後のほうで志村さんの隣には石田純一が座っていた。奇しくも石田は現在、志村さんの命を奪った新型コロナウイルスの闘病中であり、ネットでは「残念ながら志村さんは復帰できなかったけど、是非石田さんには早期回復して頑張ってほしい」という声が相次いでいたようだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©丸岡ジョー photo AC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る