チャクラが開き、悪霊を寄せなつけない部屋の条件を魔女が伝授!

筆者はポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血を受け継ぐ「魔女」である。

そして、霊感があまり無い人でもチャクラが開き、霊感が強くなる「魔女講座」も実施している。実は霊感は「勘」の延長線上に誰もが本来持つもので、特別な能力ではない。

特に、古来より森羅万象のエネルギーを感じ取れる機会が減った為、持ち前の霊性に目覚めず気付かないでいる日本人が多い。自然が破壊され、すべてがコンクリート化し、仕事に忙殺され、帰宅してもTVやの画面やスマホを見る、という生活をしているとチャクラは閉ざされる。

誰しもが持つチャクラを開花するには、怪しげな自称霊能者が実施する高額な講習やセミナーを受講する必要はない。日常生活に気を配り、チャクラが開きやすくなる生活をするだけでも充分に効果がある。

ここでは、良いエネルギーを取り入れることでチャクラを開きやすくし、かつ悪霊を寄せ付けない部屋の条件についてお伝えしたい。

何より清潔に掃除されて換気もされている部屋が良いのだが、こうすると更に良い気が入り悪い気が出ていく、という条件をご紹介する。




●玄関は明るい方が良い。日の当たらない玄関は、陽のエネルギーが入りにくい。電球が暗い場合は明るめの電球に交換することをお勧めしたい。

●玄関に鏡を置くとさらに効果的。鏡は風水の必須アイテムであり、引き込んだ陽のエネルギーを増幅させる効果を持つ。

●観葉植物は風水のラッキーアイテムで、陰の気を陽の気に変える力がある。外から見て右側(家の中から見て左側)に置けば効果は倍増する。

●良い香りは人を惹き付け、良い気を呼び込むにも効果的なので、アロマテラピーはお勧めだ。

●風水では、TVのような「音の出るもの」は東にレイアウトするのが吉とされる。これによって発展運が上がるといわれている。

ソファーは西側に置くと良い。東にTV、西にソファーというレイアウトは、「東から入ってきた良い情報を、その向かい側にあるソファーに座ってダイレクトに受け止める」という意味があり、開運に効果的だ。

●テーブルは背の低い木製の丸いものが吉。背が低く木製のものの方が大地のエネルギーを取り入れてくれる。

また、丸いテーブルは金のエネルギーを象徴し、人間関係の運気も向上させる。四角いテーブルは、かしこまった席や目上の方をもてなす時に、上座に座らせることで、権威づけをする場合などに適している。

●キッチン窓には風通しの良いカーテンをつけた方が窓から良い気が入ってくる。

●ゴミ箱は陰の気がたまりやすいので、注意したいポイントだ。まずゴミ箱を溜めない(陰の気を溜めない)、臭わせない(嫌気(けんき)=悪い気を防ぐ)、ゴミを見せない(辛気臭さを払う)ことが重用。

●冷蔵庫は金運に影響する。中身も外側もゴチャゴチャした印象を与える冷蔵庫は凶で、すっきり清潔で綺麗な冷蔵庫が吉。

中身は清潔にし、賞味期限切れの商品をいつまでも残したままにしていると、陰の気をまとってしまう。外側もマグネットなどは貼らず、すっきりした印象にした方が吉。




●キッチンのシンクとコンロの間に小さな観葉植物を置くと吉。「水」と「火」の中間に位置する「木」の気を入れると、余分な「水」の気が吸い、「火」の気を強める作用があり、 キッチン全体の気のバランスが整う。

●足を拭く為のマットは、身にまとってしまった悪い気を他の部屋に持ち込まないようにするのに重用なアイテムだ。自然素材のものが良く、布製だと湿気を帯びやすいので、何日も同じものを使わず、綺麗な状態のものを使った方が良い。色は、暖色系のパステルカラーが吉。

●水の気が強いバスルームに黒いアイテムを置くと、「陰の気が籠りやすくなる」といわれる。同じ理由で、残り湯を溜めておくことも凶。

●悪臭は邪陰となって災厄を運んでくるとされているので、トイレのアンモニア対策をすることは、風水的に重用なポイントだ。芳香剤などで悪臭を消しても、そもそも「臭い」がすること自体が風水的に全体のバランスが乱れる。

その為、臭いの原因となりやすい、床と便器の隙間、便器と便座の隙間、便座と蓋の隙間を丁寧に掃除することが重用だ。

便器の蓋は財運に影響し、閉じた方が吉。「蓋なし便器に財運なし」といわれる。世界中の大金持ちの家を調査すると、唯一の共通点が「便器の蓋が閉まっている」点だという。和式トイレの場合も和式用便器カバーをつけた方が吉。

●寝室は運を吸収する為の部屋なので、運を逃がさないような処置をしなければならない。カーテンが一重だと陽のエネルギーが窓から流れ出てしまうので、二重にして流出を防ぐと吉。

●寝ている時、人間は周りの運気を吸収しているが、寝ている姿が鏡に映っていると、その運が鏡の中の姿にも流れていってしまう。そうなると、本来吸収するはずの運気が少なくなってしまうので、寝姿が鏡に映らない方が吉。寝室に鏡を置かないのが一番だが、鏡を移動させるのが難しい場合は、布などと隠した方が良い。

また、鏡でなくても、TVやパソコンの画面など、反射して姿が映ってしまうようなものも要注意で、寝ている時は布などで覆った方が吉。

このように風水的に気の巡りが良い部屋に生活することでチャクラが開きやすくなり、邪気が溜まりにくくなるので、悪霊も憑かなくなる。また、気の巡りが良い部屋に生活することで、精神状態が澄み、集中力、潜在能力も高まる。

読者の健闘を祈る。

プロフィール:
深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血を受け継ぐ魔女占い師、ジャーナリスト、女優、ベリーダンサー、映画・イベントプロデューサーとしても活動。

著書
あなたも霊視ができる本 」文芸社
世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに」明窓出版

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る