鳴釜神事、鬼神温羅の唸り! 

投稿  七曜さん

こんにちは、山口様。今回の鬼滅の刃のお話も面白かったです。

岡山県には「吉備津彦命(桃太郎)」が祀られている神社が有ります。そこには「吉備津彦命」が討伐した温羅の頭部が埋められており、その上に大釜が置かれ、陰陽師が占いをしております。




占いは巫女のお役目なのですが、最後の巫女になっており、もしかすると引退されたかもしれません。2年前位まではされていましたが、その時にその引退のお話を聞きました。

温羅の大釜の占いは面白く、鬼の声が聴こえると幸せな年を送れ、聴こえないとその年はそのまま何もなく、鳴かず飛ばずだと言われています。

私は運良く大きな声の「ウォーンウォーン」を聞くことが出来ました。しかも長時間ずっと(笑

かなり低音ですから耳が痛くなるかもしれません。




こんなことは初めてだと巫女様にも言われて、ちょっと嬉しかったですね^^先生もコロナが落ち着いた時にでも是非チャレンジしてみてくださいね。

http://kibitujinja.com/about/narukama.html

「鳴釜」と言われています。詳しくは上のURLからご覧下さいませ。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©孤高の虎 photo AC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る