新型コロナで外出制限が出た町に金属の生命体が出現!?

世界中で新型コロナウイルス感染症が流行、100万人を超える感染者が出てきている。

日本では不要不急の外出を自粛するように要請する形になっているが、海外では厳しい外出禁止措置が出されており、必要な書類を持参せずに外に出た人々には警察が対処したり、悪質な違反者には罰金刑を課す国もある。

マスクや防護服がない状態で、それでも外に出たいと思う人達があの手この手で外出を試みる様子が報告されている。例えば、先日スペインで報告された事例では、防護服代わりにティラノサウルスの着ぐるみを着込んだ人が警察に捕まっていた。同様の事を考える人は他の地域にもおり、始めに新型コロナウイルス感染症が確認された中国でも目撃されていた。




そんな外出禁止令の出ているイギリスにて、奇妙なキャラクターが無人の町を歩き回る事例が報告されて話題になった。場所はロビン・フズ・ベイ(Robin Hood’s Bay)に面した小さな漁村で、現地で撮影された動画や写真には手芸道具の指ぬきを大きくしたもののような黒い物体が動き回る様子が記録されている。

関連動画
Dalek ordering self isolation.

奇妙な物体が動いているように見えるが、これはイギリスBBCのSFテレビドラマ『ドクター・フー』に登場する「ダーレク」という地球外生命体である。




本来はタコのような姿をしているが、ポリカーバイドと呼ばれる金属製の装置に入って移動や戦闘を行うというものだ。ドラマの中では悪役になるダーレクだが、今回確認されたものは新型コロナウイルス感染症対策のために社会的距離をとるよう、独特の声で呼びかけながら町中をパトロールしていたという。

ちなみに『ドクター・フー』に出演している女優のジョディ・ウィテカーが、この数日前に人々に家に居るように呼びかける動画に出演している。今回のダーレクも、この動画に合わせて撮影されたものなのかもしれない。

5 things the Doctor does in any worrying situation | @Doctor Who – BBC

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る