自分たちの思想に同調しない人たちを悪と認定するライトワーカー、世界同時瞑想と統合

投稿  コゲさん

山口先生こんばんは。アトラスラジオ、アトラスニュースいつも拝見、拝聴しております。コゲと申します。メールは二回目です。

この度、世界同時瞑想の回、とても楽しく聞かせていただきました。後、そのことで先生が色々変な人に絡まれた事もお聞きしましたし、ツイッターでも拝見しました。

率直な感想ですが、人間の質が落ちたのか、私が人間の事を評価しすぎていたのか,色々がっかり。「はぁー人間てこんなに愚かなんだ…。」って思いました。人の話を聞かない。人の意見を受け入れたうえで、自分の意見を言えない。意に反するものには即報復!なにこれ?

私の意見としては、これはスマホ依存の結果。スマホと言う携帯引きこもりシェルターに引きこもって他人と会話しなくなった結果、待つ事、受け入れる事が出来なくなった現代人の姿そのものです。




「スマホよスマホよスマホさん、この世で最も尊く、美しく、優れている人はだあれ?」と手元しか見ていない人が、平和を祈る瞑想とかできるわけがありません。多分これを利用しようとした、闇の人たちもあきれていると思います。

でもスマホやSNSを普及させたのも、闇の人たちだと思いますので、自業自得です。

心配なのは、世界同時瞑想の今後の影響ですが、もし、何らかの形で瞑想が成功しているなら、感受性の強い審神者の様な方、アーティスト、イラストレーター、漫画家、精神に疾患を持っている人、スマホ依存(笑)の人等に何らかの影響が出てくるはずです。

ラヴクラフトのクトゥルーの呼び声みたいに、何か精神に異常をきたして、変な絵を描くとか、スランプに陥るとか、麻薬に手を出す(いつもの事か)、人に危害を加えるとか、色々人単位で出てくるのではないかと思っています。

また、馬鹿げていますが、瞑想を狼煙として5G電波でコロナウイルスを活性化(これ本当なんですかね?)させて、末世、末法を演出して、カルト教団や、ライトワーカーの正当性を見せつけ、その他の瞑想や教団、ライトワーカーの団体に参加しなかったものを悪とする事も可能でしょう。

もちろん、瞑想が力になればですが。成功してもみんな無関心だから、すぐに忘れて気付きもしないでしょう。

ここから持論なんですが、集合意識の統合(の実験)ってもっと昔にあったのではないかと思います。ノストラダムスの大予言というものがありましたが、怖いながらも面白がって読んだものですが、あれがそうだったんじゃないかって思っています。

マスコミもメディアも、結構押してましたよね。1999年が迫ってくる時は特に、普通にバラエティ番組でも放送していたし、予言の本のCMまで流れてた。結構人々に恐怖や終末を刷り込んだのに信じなかったのか、何も起きなかった。




200年前の世紀末、1800年が終わる頃、金持ちが私財を、人々に分け与え、神に泣きながら、罪を悔いたというが、このころの敬虔さを持ち、素直であり、しかもネットの社会なら、この度の世界同時瞑想は成功していたと思う。

瞑想というか、集合意識って使い方次第で、同じ時間に、同じ気持ちで祈る。例えば、末期癌の患者に対して、痛みが軽くなりますようにって願うだけで、効果があるそうです。

ブルーエイビアンの様な力はなくても、思いで、人を癒す事も可能なのに、今の人は手元しか見ていない。グノーシス主義じゃないけど、この宇宙そのものが悪で、何をしようが悪に変じる世界。滅びていいと思ってます。

ちょりーす!これから世界瞑想しちゃうよん!とか、潜入動画!世界瞑想の参加してみた!とかそんな、参加している人の意識が、トレース紙よりも薄っぺらい、興味もない、単なる話題性(にもなってない)だけの物に力が宿るはずもない。

恐怖・呪い姫と日本人奴隷化計画の2冊購入しました。不思議ちゃんボックスってものがあるんですね。どんな箱だろう?とても気になります。

これからも応援しています。私は、先生の味方です。

あ!思い出した、あの虚言壁男Aって、ウーたんですよね?

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Gerd Altmann PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る