【放送事故的】『格付けチェック』疑惑のCG、ゆきぽよパン隠し?

2020年3月31日に放送された、バラエティ特番『芸能人格付けチェック BASIC~春の3時間スペシャル~』(テレビ朝日系)で放送事故らしきギリギリの特殊効果があったのではないかと話題になっている。

この日の『芸能人格付けチェック』には「違いの分かる」一流芸能人を目指すため、『チーム新旧朝の顔』として徳光和夫(ズームイン!!朝!)&立川志らく(グッとラック!)、『チーム俳優』として石黒賢&大谷亮平、そしてテレ朝の人気番組『チームトリニクって何の肉!?』からは、木村有希(ゆきぽよ)、ダレノガレ明美、大石絵理らが参加していた。

疑惑の演出は、番組中盤の「牛肉」チェックで発生した。




「牛肉」では通常の牛肉のほか、馬の肉、そしてサメの肉が用意された。馬とサメは、牛肉とは全く別物であるため、わからないとかなりの赤っ恥である。

結果は牛肉を選んだ芸能人は徳光と志らくのみ。圧倒的に馬の肉を選んだタレントが多く、司会の浜田雅功が馬の肉を選んだタレントたちがいる青い部屋のドアを激しく開けた。

と、その際に番組の用意した馬のCGアニメーションが部屋のちょうど真ん中に座っていた、ゆきぽよの近くまで不自然に駆け寄るという演出があった。

『チコちゃん』のマル秘部分が見えた




この日、ゆきぽよは赤色の膝丈が短いドレスを着ていて、椅子に座るとたまにドレスから下着が見えそうになるほどだった。そのため、『格付けチェック』の放送中、彼女の三角地帯が見えそうな瞬間が何度かあったために、馬のCGは恐らくこのパンチラ隠しのために考案された苦肉の策だったようだ。

放送事故を未然に防いだ実に気の利いた演出だった……というか、余計なことをしてくれたと思った一部の視聴者もいたに違いない…。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『ゆきぽよ流 愛される秘訣 死ぬとき「カワイイ人生」だったっていえる生き方じゃないと意味がない

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る