UFOアブダクト、そんな超絶シーンの撮影方法をプロが教えます!

近年は撮影機材、編集アプリケーション等、様々なツールや環境の進歩により、誰もが写真・画像の合成や動画編集などを容易に行えるようになっている。

中には簡単なツールのみでこれまでは難しかった編集作業を行えるものもあり、その気になれば誰もが玄人はだしの作品を作れるようになっている。




ましてやプロになると、よりリアリティのある画像や動画を生み出す事も可能になるのだ。

先日、写真家のヘイデン・ペダーセン氏が「上空をホバリングしているUFOに向かって浮かぶ少女」の画像を作成するプロセスを説明する動画をネット上に公開して話題になった。

ビデオでは作成の工程が非常に詳細に説明され、UFOの動きのシミュレートなど要所でドローンを使用したり、モデルを上手く配置するなど工夫している様子が事細かに説明されている。




世にUFO事件は数多あれど、その体験に合わせた−−−例えばアブダクション・ケースなどの光景の写真素材が簡単にネット上に存在するわけではない。しかし、様々なツールや手法を用いることで、存在しない非日常的な画像を用意することも可能になるのだ。

その手法が気になる人は、ぜひ動画を見てみてほしい。

関連動画
First Ever UFO Drone Photoshoot!

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Hayden Pedersen YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る