『フクシマ3.11』から9年後、赤裸々に語られる原子力

フクシマ311の9周年後に赤裸々に語られる原子力、期間限定公開ブログリリースです。

変性意識状態を捜査するオ科捜研が立ち上がりました。90年代から20余年をへてカミングアウトしたJ-PARC2125をオカルト科学捜査一課のメンバーが捜査します。

レムリアの扉 – オカルト科学捜査一課
https://www.facebook.com/groups/144186556918499/

レムリアの扉 – オカルト科学捜査一課: J-PARCとは? 骨壺2125とは? 90年代の原子力問題、事件とはいかなるものであったのか、また…
https://llemuriangate.blogspot.com/2020/03/blog-post_85.html




レムリアの扉 – オカルト科学捜査一課: オ科捜研のローンチ前夜に集まったオカルト科学捜査一課の面々、定例打ち合わせ第一話です。
https://llemuriangate.blogspot.com/2020/03/blog-post_19.html

レムリアの扉 – オカルト科学捜査一課: オカルト科学捜査一課、311フクシマ9周年を語る。 https://llemuriangate.blogspot.com/2020/03/blog-post.html

「数理系シャーマン」がいざなう日本の原子力魔界探訪。異次元能力をもつスジャータ女史が視聴者の皆さんとともアプローチし、なぞに満ちた「JーPARC2125」を霊導する。

J-PARC2125
https://drive.google.com/open?id=19DvtIz5bMBEauLO93LlmuAiVAvfZ7pN_

オ科捜研、オカルト科学捜査一課の定例打ち合わせ 第一回 「数理系シャーマンとスジャータ女史がJ-PARC2125を霊導する」

「数理系シャーマンとスジャータ女史がJ-PARC2125を霊導する」




1990年代当時の行政改革で100近くの特殊法人が組織改革のまな板に上っており、その中には五條氏が在籍していた原子力関係の機関もあった。

また1990年代は原子力の事故問題、事件があいついだ。その中で五條氏は、組織の中で起きる不可解な事象事件を見聞した。五條氏は1992年ー1998年の日本原子力研究所在籍時に盗聴事件を所内で見聞した。

見聞しただけではなく、盗聴実施者を強く指弾するにいたった五條氏は、その後海外での生活を選択したが、日本社会は2002年の石井議員暗殺事件に大変大きな衝撃に見舞われた。

その後十余年をへたいま、五條氏の見聞したことと石井事件は直接はむすびつきいていないが、ところが、今回2016年に五條氏実家の墓地から不明な「骨壺2125」が発見されるに至り、原子力事故問題が多発していた90年代、1994年に死去した五條氏の母との関係がクローズアップされるに至る。

1986年 チェルノブイリ事故
1987年 水戸巌父子3人(反原発活動家)アルプス遭難死亡
1994年 五條氏母死亡
1995年 もんじゅ事故、オウムサリン事件、阪神淡路大震災
1996年 旧動燃西村次長自殺
1997年 東電OL事件、東海村ジェイパーク名称採用(五條氏本人に関すること)
1999年 盗聴法成立、JCO事故
2001年 特殊法人改革法案制定
2002年 石井こうき議員殺害事件
2011年 フクシマ311災害
2016年 群発地震「骨壺2125」(五條氏に関すること)
2018年 五條氏父死去

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©ar130405 PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る