アメリカ・ディズニーランドにUFO?謎の黒い輪の正体とは…

アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドにて、上空に奇妙な煙のリングが浮かぶ様子が今月初めに目撃・撮影され、話題になっている。

問題の動画には黒い煙でできた輪のようなものがゆっくりと上昇していく様子が捉えられている。

ディズニーランドは現在、新型コロナウイルス感染症の流行により一時的に閉鎖(2020年3月31日まで)されているが、撮影された今月の最初の週の時点では営業中だったと思われている。




しかし、このような煙の輪はディズニーランドのパンフレットにも載っていない光景だったので、目撃者は慌てて撮影したという。

関連動画
Black ring sparks UFO reports at Disneyland

今回の動画はネットに上げられるなり、SNS上で何万回も視聴されるほど話題になった。

中にはUFOという話も出てきているようだが、本当にこの煙の輪はエイリアンと何らかの関係があるのだろうか。




ところが、実際にはディズニーランドの多くのアトラクションの1つで使用される火山などの仕掛けによってできた可能性が高いと見られている。

特にパイレーツ・オブ・カリビアンのワールド・オブ・カラー・ショーが最有力候補とのことである。このような黒いリングは、世界各地で何度も報告されているが、ほとんどの場合、原因は火災や爆発で発生し目撃されている。

ディズニーランドにそぐわない物体のため、出現すると話題になってしまうが、ランド内のディスプレイや仕掛けの数を考えると煙の輪が出現したとしても驚くべきことではない。我々が知らないだけで、きっとあちこちで煙の輪が上がっているのだろう。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る