マンデラエフェクトが発生するメカニズム

投稿 バウムさん 

アトラスラジオを拝聴させていただきました。私、HN:バウムと申します。

「マンデラエフェクト」に関して、感想をコメントさせていただきましたが、「ご意見」などはメールの方が良いとのお言葉がありましたので、メールさせていただいた次第です。

言葉だけだと伝わりにくいかと思いましたので、とっても簡単なイラストを添付させていただきました。

結論からお話させていただきますと、「マンデラエフェクト」という言葉は知りませんでしたが、その内容は『時間の流れ(時空間の推移)』に起因する出来事と思われます。




「パラレルワールド」という概念がありますが、「未来」へ向かって現世(時空間)が推移していく時に、時折進むべき道が「二分割」されます。未来への路は、たまに枝分かれするということ。

この枝分かれした時空間が「パラレルワールド」と呼ばれているものです。この枝分かれした道のりが、たまに「ひとつに交差する(まじりあう)」ことがあります。そして、この交差された時空間では、異なる過去を持った人々が混在することに。

時の流れは、太古の昔から続いていますので、現世においても、「異なる過去(道のり)」を持っている人が混在しているわけです。




この異なる過去を持っている人々の存在が「マンデラエフェクト」を引き起こす正体といいますか、要因に。まあ、特別な出来事ではなく、時空間においては当たり前の要素(出来事)のひとつと言えます。

余談になりますが、時間の流れの分岐による「パラレルワールド」はあくまでも、現世と同じ時空間(五次元)に位置付けられるもの。これらとは別に高次元(六次元)や低次元(四次元など)は存在しています。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©毛並良好 photo AC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る