世界に3頭しかいない「白いキリン」2頭が惨殺!密猟か?

ケニアにて、世にも珍しい全身が真っ白のキリンが発見された。

こちらはケニアの北東部ガリッサにて2017年に巡回中のレンジャーが発見、確認したものである。すわ新種か、未確認生物か、と思ってしまうが、遺伝子疾患による皮膚色素の欠乏によりアルビノとして誕生した個体とのことだ。

現地ではいままでに3頭が確認され、発見時にレンジャーが動画を撮影して記録。Youtubeに投稿されたことで白いキリンは一躍人気者となっていた。

関連動画
White giraffe




多くの人々が神秘的な白いキリンに対する感想を寄せていたなか、動画が人気になるにつれて「密猟の標的になるのでは」と危惧する人も存在していた。

この3頭の白いキリンは生息するイシャクビニ・ヒロラ自然保護区にてレンジャーたちが監視していたが、先日の3月10日に白いキリン2頭が白骨化した状態で発見されたと現地の野生生物保護当局が声明を発表した。




死亡したのはメスと生後7ヶ月の個体。恐らく密猟者によって4ヶ月前に殺されたと推定されているが、3頭めの若いオスの個体は今も生存している可能性が高いとのことである。

自然保護区の責任者モハメド・アフメドノール氏は「白いキリンを有するイジャラ地区とケニア全体にとって、とても悲しい日です」と声明の中で語っており、現在も死因についての調査を継続中であり、残された白いキリンの保護と密猟対策の強化が必要だとしている。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Hirola Conservation Program YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る