「2時のワイドショー」に出ていた霊能者が義理のお父さんになった話

投稿  匿名希望さん 

山口先生、いつも興味深い情報発信をありがとうございます。

さて、アトラスラジオでの昭和の心霊番組について拝聴していましたが、「2時のワイドショー」に週一に出演の霊能者は、辻本源次郎 師(故人)のことだと思います。




京都龍神総宮社 祭主で、常に白装束でトランス状態になっての御託宣でした。私が高校在学中に、帰宅直後によく昼間視ておりました。

実は当時私の義理の父親がたまたまゲストの神霊審神者[神主]として単発出演しておりました。

まさか後に義理の父親となる方が出演していたのも奇遇でしたが、後に義理の父親(故人)に聞いたところ、そのときは辻本師は本番前、いくらか飲酒して(リラックスのためか)番組に望んだようです。




私も視聴したときの記憶はあまり多くは残っていませんでしたが、確か「花魁淵」の怪異現象の鎮めの特集(桂春之助さんレポーター?)であったように思います。

ちなみに義理の父親は神道系の霊力の持ち主で若い頃は奥多摩に籠ったり、山北での滝行により、晩年は苦しむ方の霊障祓いを行っておりました。

これからも是非頑張って下さいませ。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Free-Photos PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る